お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-03 13:20
多様な環境下におけるMPEG-DASHを用いた4K映像配信時のQoS/QoE評価
長島達哉金井謙治甲藤二郎早大NS2016-220
抄録 (和) 本稿では,MPEG-Dynamic Adaptive Streaming over HTTP(DASH)を活用し,多様な環境下における4K映像配信時のQuality of Service(QoS)およびQuality of Experience(QoE)を定量的に評価する.DASH配信評価実験のパラメータとして,コンテンツサーバへの同時接続数,映像コンテンツの配信方式,ユーザ端末の通信規格,ユーザ端末の再生バッファサイズ,ユーザごとの配信開始時刻,ネットワーク遅延を変化させてQoS/QoEへの影響を評価する. 
(英) In this paper, we evaluate Quality of Service (QoS) and Quality of Experience (QoE) of 4K video delivery using MPEG-Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH) in various environments. As parameters of the evaluation experiment, we adopt number of users, delivery methods of video content, communication standards of the user terminal, playout buffer sizes of the user terminal, delivery start times for each user, and network delays. We evaluate effects of these parameters on QoS and QoE characteristics.
キーワード (和) MPEG-DASH / QoS / QoE / 4K映像 / / / /  
(英) MPEG-DASH / QoS / QoE / 4K Video / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-220, pp. 359-364, 2017年3月.
資料番号 NS2016-220 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-220

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多様な環境下におけるMPEG-DASHを用いた4K映像配信時のQoS/QoE評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) QoS and QoE Evaluations of 4K Video Delivery using MPEG-DASH in Various Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) MPEG-DASH / MPEG-DASH  
キーワード(2)(和/英) QoS / QoS  
キーワード(3)(和/英) QoE / QoE  
キーワード(4)(和/英) 4K映像 / 4K Video  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 長島 達哉 / Tatsuya Nagashima / ナガシマ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金井 謙治 / Kenji Kanai / カナイ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto / カットウ ジロウ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-03 13:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-220 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.359-364 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会