お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:10
Publish/Subscribe通信を用いた位置ベースのフォワーディング手法の設計と評価
栗原佳輝劉 嘉い小泉佑揮長谷川 亨阪大IN2016-114
抄録 (和) 筆者らは、リアルタイムモニタリングに応用することを目的として、いたる場所に設置されたIoT (Internet of Things) デバイスからオンデマンドにデータを収集するアーキテクチャを検討している。本稿では、提案アーキテクチャ実現の鍵となる、NDN (Named Data Networking) ネットワークにおけるPublish/Subscribe 機能を用いて、指定した位置の周辺に設置されたIoT デバイス群に、データを要求するパケットフォワーディング手法を提案する。トライ木を用いたフォワーディングアルゴリズムを設計するともに、その性能をシミュレーションにより評価する。 
(英) The authors propose NDN (Named Data Networking) based architecture for collecting data from Internet of Things (IoT) devices deployed everywhere. This paper designs a geographical routing/forwarding mechanism to support location-based IoT services, where users collect data pieces from IoT devices by specifying their locations rather than names/addresses. The mechanism is designed based on Publish/Subscribe communication for supporting on-demand location-dependent data collection.
キーワード (和) IoT / NDN / 位置ルーティングフォワーディング / Publish/Subscribe通信 / / / /  
(英) IoT / NDN / Geographical Routing/Fowarding / Publish/Subscribe Communication / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-114, pp. 103-108, 2017年3月.
資料番号 IN2016-114 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-114

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Publish/Subscribe通信を用いた位置ベースのフォワーディング手法の設計と評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Simulation-based Analysis of Location-based Forwarding Using Publish/Subscribe Communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(2)(和/英) NDN / NDN  
キーワード(3)(和/英) 位置ルーティングフォワーディング / Geographical Routing/Fowarding  
キーワード(4)(和/英) Publish/Subscribe通信 / Publish/Subscribe Communication  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗原 佳輝 / Yoshiki Kurihara / クリハラ ヨシキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 劉 嘉い / Kai Ryu / リュウ カイ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 佑揮 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亨 / Toru Hasegawa / ハセガワ トオル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-114 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.103-108 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会