お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:30
C&Cセッション分類によるボット感染PC検出手法
師井日向子川原崎雅敏筑波大IN2016-99
抄録 (和) トラフィックの特性解析によるマルウェア検出では,汎用的な検出手法や特定のマルウェアに特化した手法が研究されている.本研究では,ボットネットを対象に,既存手法を組み合わせて検出精度を向上させる手法を提案し,実データに適用してその有効性を示す.ボットネットの検出は,踏み台となる端末を制御しているC&Cサーバを検出する方法が一般的である.本研究ではTCPトラフィックを監視し,その特徴を機械学習手法で分類することで,C&Cサーバとの通信をより高い精度で検出できることを示す. 
(英) In malware detection by traffic characterization analysis, general-purpose detection and methods specialized to specific malware are being studied. In this paper, we propose a method for improving detection accuracy by combining existing methods for botnets, and apply it to actual data to show its effectiveness. Botnet detection is a method of detecting a C&C server in general. In this paper, by monitoring TCP traffic and classifying its characteristics by a machine learning method, we show that communication with C&C server can be detected with higher accuracy.
キーワード (和) C&Cサーバ / ボットネット / 異常検出 / / / / /  
(英) C&C server / botnet / anomaly detection / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-99, pp. 13-18, 2017年3月.
資料番号 IN2016-99 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-99

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) C&Cセッション分類によるボット感染PC検出手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Detection of Bot-infected PCs based on C&C Session Classification 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) C&Cサーバ / C&C server  
キーワード(2)(和/英) ボットネット / botnet  
キーワード(3)(和/英) 異常検出 / anomaly detection  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 師井 日向子 / Hinako Moroi / モロイ ヒナコ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原崎 雅敏 / Masatoshi Kawarasaki / カワラサキ マサトシ
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Tsukuba Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-99 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会