お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 11:40
電力供給ネットワークへの依存性を考慮した構内情報通信ネットワークの脆弱性に関する一検討
小川祐紀雄室蘭工大)・長谷川 剛村田正幸阪大IN2016-104
抄録 (和) 本稿では、情報通信ネットワークの電力供給ネットワークへの依存性に着目し、電力供給ネットワークの障害時における情報通信ネットワークの脆弱性の評価を行う。まず、障害時における電源停止範囲の観点から電力供給ネットワークのトポロジをモデル化し、システム全域での通信帯域を指標とした情報通信ネットワークの脆弱度を提案する。次いで、四つの建物からなる構内設備情報をもとに情報通信ネットワークの脆弱度を評価する。その結果、データセンタに集約される通信の場合、全トラヒックが遮断される確率が0.01程度であるが、データセンタ内のサーバやスイッチにUPSを適用することで改善が図れ、各部屋に分散される通信の場合、同確率が0.003程度であるが、100台以上のUPSを割り当てても改善効果が小幅に止まることを明らかにする。 
(英) Information communication networks depend on power delivery from power distribution networks. We therefore evaluate vulnerability of information communication networks when power distribution networks partly/completely stop power supply. We first describe a topology model of the power distribution network in campus buildings from the perspective of power failure domains, and propose the vulnerability of the corresponding information communication network, in which the metric is the bandwidth of system-wide traffic flows. We then evaluate the vulnerability of a campus-wide information communication network. The results indicate that, in the case when all traffic flows concentrate in a data center, the probability of high vulnerability (which blocks all the communications) reaches 0.01 but this is improved by applying UPSs to the servers and their neighbor switches in the data center. On the other hand, in the case when traffic flows are distributed to each room in the campus, the probability is 0.003 but this vulnerability is little improved by applying more than a hundred of UPSs.
キーワード (和) 電力供給ネットワーク / 構内情報ネットワーク / 依存性 / 脆弱性 / UPS / / /  
(英) power distribution network / campus-wide information communication network / dependency / vulnerability / UPS / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-104, pp. 43-48, 2017年3月.
資料番号 IN2016-104 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-104

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電力供給ネットワークへの依存性を考慮した構内情報通信ネットワークの脆弱性に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Vulnerability of Campus-wide Information Communication Networks Considering Dependency on Power Distribution Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電力供給ネットワーク / power distribution network  
キーワード(2)(和/英) 構内情報ネットワーク / campus-wide information communication network  
キーワード(3)(和/英) 依存性 / dependency  
キーワード(4)(和/英) 脆弱性 / vulnerability  
キーワード(5)(和/英) UPS / UPS  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 祐紀雄 / Yukio Ogawa /
第1著者 所属(和/英) 室蘭工業大学 (略称: 室蘭工大)
Muroran Institute of Technology (略称: Muroran IT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 剛 / Go Hasegawa /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 正幸 / Masayuki Murata /
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-104 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会