お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 14:55
大気汚染センシングの実測データを用いたNegative Surveysの復元精度推定手法の評価
鈴木孝男伊藤昌毅瀬崎 薫東大LOIS2016-77
抄録 (和) 環境センサを搭載したモバイルデバイスを持つ一般ユーザが環境センシングに参加するモバイル環境センシングにおいて,プライバシ情報の流出が問題となる.Perturbation技術を用いたプライバシ保護手法では,ユーザが手元のデバイスで偽装処理を施したセンサデータを送信することで個々のデータを秘匿化しつつ,サーバは特定の処理を施すことで偽装処理前の真のセンサデータの統計情報を復元できる.サーバはどの程度復元できているかを把握するために復元精度を推定する必要があり,筆者らは環境情報が時空間的相関に起因して特定のモデルに従うことを利用した復元精度推定手法を提案してきた.本稿では環境情報として大気汚染を取り上げ,筆者らが開発した大気汚染センシングデバイスを用いて行った大規模なモバイル大気汚染センシングについて報告し,得られた実測データを用いて,Perturbation技術の1つであるNegative Surveysの復元精度推定手法を評価する. 
(英) In mobile environmental sensing, where mobile users sense environmental variables and send data to a server via mobile devices, there is a risk of privacy leakage from sensor readings. Data perturbation, a privacy preserving method, disguises sensor readings on the user side while allowing a server to reconstruct statistical information, such as data distribution, of original data. Data perturbation has a serious problem in that a server cannot calculate the reconstruction accuracy. We previously proposed a method to estimate the reconstruction accuracy using a spatiotemporal model of environmental variables. In this study, we collect air pollution data with our mobile air pollution sensing device. Using the field survey data, we evaluate our methods to estimate the reconstruction accuracy of Negative Surveys, a data perturbation technique.
キーワード (和) モバイル環境センシング / プライバシ保護 / Perturbation / Negative Surveys / 復元精度 / / /  
(英) Mobile Environmental Sensing / Privacy / Data Perturbation / Negative Surveys / Reconstruction Accuracy / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 488, LOIS2016-77, pp. 85-90, 2017年3月.
資料番号 LOIS2016-77 
発行日 2017-02-23 (LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード LOIS2016-77

研究会情報
研究会 LOIS  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 大濱信泉記念館 
開催地(英) N.Ohama Memorial Hall 
テーマ(和) ライフログ活用技術、オフィスインフォメーションシステム、ライフインテリジェンス、および一般 
テーマ(英) Nobumoto Ohama Memorial Hall 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 LOIS 
会議コード 2017-03-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大気汚染センシングの実測データを用いたNegative Surveysの復元精度推定手法の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Evaluating Estimation Methods of Reconstruction Accuracy of Negative Surveys Using Field Survey Data of Air Pollution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) モバイル環境センシング / Mobile Environmental Sensing  
キーワード(2)(和/英) プライバシ保護 / Privacy  
キーワード(3)(和/英) Perturbation / Data Perturbation  
キーワード(4)(和/英) Negative Surveys / Negative Surveys  
キーワード(5)(和/英) 復元精度 / Reconstruction Accuracy  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 孝男 / Takao Suzuki / スズキ タカオ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 昌毅 / Masaki Ito / イトウ マサキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 瀬崎 薫 / Kaoru Sezaki / セザキ カオル
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: The Univ. of Tokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 14:55:00 
発表時間 20 
申込先研究会 LOIS 
資料番号 IEICE-LOIS2016-77 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.488 
ページ範囲 pp.85-90 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-LOIS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会