お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:50
迅速なパス収容変更を実現するマルチレイヤ光トランスポートシステム
山本 宏福田亜紀鎌村星平林 理恵植松芳彦NTTNS2016-167
抄録 (和) 通信事業者のトランスポート網に求められる高い可用性を担保するためには,厳しい保守体制を維持する必要がある.保守体制を緩和するため,トランスポート網を構成するマルチレイヤ光トランスポートシステムにおいて,故障機能部を共用予備機能部に切り替えることで一時的に故障回復する方法を提案している.提案方法を実現するためにシステムに求められる要件を整理し,既存システムの課題を分析した.既存システムでは,パスを故障機能部から共用予備機能部に収容変更するために多数の制御シーケンスが必要となり,時間を要することに着目し,迅速なパスの収容変更を実現するシステムアーキテクチャを提案する.提案システムでは,パスを機能部と直接紐づけるのではなく,新たに導入する論理機能部と紐づけ,論理機能部と機能部の対応関係をパスとは独立に管理することで,論理機能部と機能部の対応関係を更新するだけでパスの収容変更を実現する. 
(英) To mitigate the burden of maintaining carrier’s transport networks to keep the high availability, we proposed the technique to repair the failed resource using shared backup resource remotely. In this paper, we clarified requirements for multi-layer optical transport systems to implement the proposed technique, and then analyzed issues to adopt conventional systems. Conventional systems require a long period of time to make paths migrate from the failed resource to the shared backup resource due to the large number of operation. We propose an architecture of a multi-layer optical transport system capable of flexible accommodation of paths. In our proposed architecture, the logical resource, of which the correspondence to the physical resource is managed independent of paths, is introduced. The path migration is completed by updating the correspondence of the logical resource to the physical resource.
キーワード (和) 光トランスポート網 / システムアーキテクチャ / パス収容変更 / 故障回復 / / / /  
(英) Optical Transport Network / System Architecture / Path Accommodation / Failure Recovery / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-167, pp. 59-64, 2017年3月.
資料番号 NS2016-167 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-167

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 迅速なパス収容変更を実現するマルチレイヤ光トランスポートシステム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-layer optical transport systems capable of flexible accommodation of paths 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光トランスポート網 / Optical Transport Network  
キーワード(2)(和/英) システムアーキテクチャ / System Architecture  
キーワード(3)(和/英) パス収容変更 / Path Accommodation  
キーワード(4)(和/英) 故障回復 / Failure Recovery  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 宏 / Hiroshi Yamamoto / ヤマモト ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 亜紀 / Aki Fukuda / フクダ アキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌村 星平 / Shohei Kamamura / カマムラ ショウヘイ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 理恵 / Rie Hayashi / ハヤシ リエ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 植松 芳彦 / Yoshihiko Uematsu / ウエマツ ヨシヒコ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-167 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会