お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 11:00
NFVにおける制御アルゴリズム間の連携による統合制御手法
鈴木晃人小林正裕NTT)・高橋洋介NTTコミュニケーションズ)・原田薫明川原亮一NTTIN2016-103
抄録 (和) NFVにより,仮想ネットワークリソース(VR)や仮想ネットワーク機能(VNF)を柔軟に組み合わせ,膨大な種別のサービス提供が可能になる.NFV環境では,サービス毎に必要な制御対象(経路・VR・VNF)の割当量を制御する必要があり,制御対象の容易な追加・変更が可能な拡張性の高い制御アルゴリズムが求められている.高い拡張性の実現に向け,各制御対象を独立に制御する先行研究では,全ての制約条件を満たす高精度な制御解を算出できないという課題がある.一方,高精度な制御解の算出のため,制御対象の組合せ毎に固有の制御アルゴリズムを構築する先行研究では,高い拡張性の実現が困難である.そこで本稿では,モジュール化された制御アルゴリズム間で相互に情報共有を行う拡張性の高い統合制御フレームワークと,強化学習による効率的な情報共有の手法を提案し,高い拡張性と高精度な制御解の算出を同時に実現した.最後に,本手法の有効性をシミュレーションにより評価した. 
(英) Network Functions Virtualization (NFV) has possibility to enable a variety of network services by flexibly combining multiple object types such as virtual resources (VRs) or virtual network functions (VNFs). In combining those objects, a NFV controller needs to allocate those objects to physical resources (e.g. servers, networks) and in allocation, the controller needs to solve optimization problems that are specified for each object type, such as balancing the server loads for VRs.In addition, the NFV controller should also be extendable in terms of addition of new object type. One approach, building an algorithm that solves an optimization problem for each object type (VRs, VNFs) and independently executing those algorithms might lead non-optimized resource allocation. The other approach, building an algorithm that simultaneously solves combined optimization problems is not extendable. In this paper, we propose an extendable framework, which realize efficient resource usage by coordinating multiple control algorithms through information sharing among them. This information sharing method is based on reinforcement learning. We also show the effectiveness of the proposed method through simulations.
キーワード (和) NFV(Network Functions Virtualization) / 強化学習 / 統合制御 / / / / /  
(英) NFV(Network Functions Virtualization) / Reinforcement Learning / Integrated Control / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-103, pp. 37-42, 2017年3月.
資料番号 IN2016-103 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-103

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NFVにおける制御アルゴリズム間の連携による統合制御手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A method of coordinating multiple control algorithms for NFV 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NFV(Network Functions Virtualization) / NFV(Network Functions Virtualization)  
キーワード(2)(和/英) 強化学習 / Reinforcement Learning  
キーワード(3)(和/英) 統合制御 / Integrated Control  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 晃人 / Akito Suzuki / スズキ アキト
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 正裕 / Masahiro Kobayashi / コバヤシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 洋介 / Yousuke Takahashi / タカハシ ヨウスケ
第3著者 所属(和/英) NTTコミュニケーションズ株式会社 (略称: NTTコミュニケーションズ)
NTT Communications (略称: NTT COM)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 薫明 / Shigeaki Harada / ハラダ シゲアキ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 亮一 / Ryoichi Kawahara /
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-103 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会