お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 10:40
サーバ移動サービスにおける消費電力をも考慮したサーバ配置決定アルゴリズム
杉山弘道福島行信岡山大)・村瀬 勉名大)・横平徳美岡山大NS2016-169
抄録 (和) IaaS型クラウドサービスで稼働するネットワークアプリケーション(NW-App)の通信品質を改善するために,サーバ移動サービス(SMS: Server Migration Service)が提案されている.このサービスではNW-Appのサーバが稼働できる計算機(WP: Work Place)がネットワーク上に分散配置されており,サーバはよりよい通信品質が得られるWPへ移動できる.SMSに関する従来研究では,ペナルティ(NW-Appの通信品質の劣化に伴うSMS事業者の経済的損失)とNWインパクト(サーバ移動トラヒックが引き起こす背景トラヒックの通信品質の劣化)のみに基づいてサーバ配置を決定しており,SMSの機器が消費する電力ならびにそれらの電力コストを考慮していなかった.本報告では,ペナルティとNWインパクトに加えて電力コストをも考慮してサーバ配置を決定するアルゴリズムを提案する. 
(英) Server migration service (SMS) has been proposed as an optional service that can improve QoS of communications by network applications (NW-Apps) in IaaS cloud service. In SMS, computers called work places (WPs) are deployed at various locations in the network, and servers of NW-Apps can migrate to WPs where they can attain better QoS. A conventional server location decision algorithm only considers financial penalty (i.e., SMS provider's financial loss due to degradation of the communication QoS) and NW impact (i.e., QoS degradation of the background traffic on the migration route) in deciding the server location, and does not consider the electricity energy cost caused by the electricity energy consumption of SMS equipment. In this paper, we propose a server location decision algorithm that considers electricity energy cost in addition to financial penalty and NW impact.
キーワード (和) IaaS型クラウドサービス / サーバ移動サービス / サーバ配置問題 / 消費電力 / / / /  
(英) IaaS cloud service / server migratoin service / server location detection problem / energy comsumption / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-169, pp. 71-76, 2017年3月.
資料番号 NS2016-169 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-169

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) サーバ移動サービスにおける消費電力をも考慮したサーバ配置決定アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Energy-Aware On-line Server Location Decision Algorithm in Server Migration Service 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IaaS型クラウドサービス / IaaS cloud service  
キーワード(2)(和/英) サーバ移動サービス / server migratoin service  
キーワード(3)(和/英) サーバ配置問題 / server location detection problem  
キーワード(4)(和/英) 消費電力 / energy comsumption  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 弘道 / Hiromichi Sugiyama / スギヤマ ヒロミチ
第1著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福島 行信 / Yukinobu Fukushima / フクシマ ユキノブ
第2著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase / ムラセ ツトム
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 横平 徳美 / Tokumi Yokohira / ヨコヒラ トクミ
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-169 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会