お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 10:40
4G-LTE通信網におけるキャッシングの最適化
篠原大樹川原崎雅敏筑波大IN2016-102
抄録 (和) 現在の4G-LTE通信においてスマートフォンやタブレット等で動画コンテンツのような大容量のデータをやり取りする機会が増えてきている。しかし動画配信においてはCDNやMPEG-DASH等の技術が使用されているが、eNBやPGW/SGWへのキャッシングは未だなされていない。本研究ではLTEネットワーク内のeNBやPGW/SGWにキャッシュが可能であるとした場合のキャッシングの効果について検討を行う。特に、(1)UEが移動してハンドオーバーが起きる、 (2)コンテンツの人気度には偏りがある、 (3)キャッシュ容量には限りがある という条件下で、ユーザのコンテンツ取得時間を最小化する最適なキャッシング方式を明らかにする。 
(英) In the current 4G-LTE communication, opportunities to exchange large volumes of data such as video are increasing with smartphones, tablets, and the like. However, in video distribution, technologies such as CDN and MPEG-DASH are used, but caching to eNB and PGW / SGW has not been done yet. In this research, we examine the effect of caching when caching is possible for eNB and PGW / SGW in LTE network. Especially, we recommend an optimal caching method that minimizes the user's content acquisition time under the conditions that (1) UE moves and handover happens, (2) content popularity is biased, and (3) cache capacity is limited.
キーワード (和) 4G-LTE / キャッシング / NDN / 情報指向型ネットワーク / / / /  
(英) 4G-LTE / Caching / NDN / Information Centric Network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-102, pp. 31-36, 2017年3月.
資料番号 IN2016-102 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-102

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 4G-LTE通信網におけるキャッシングの最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Caching Optimisation of 4G-LTE Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 4G-LTE / 4G-LTE  
キーワード(2)(和/英) キャッシング / Caching  
キーワード(3)(和/英) NDN / NDN  
キーワード(4)(和/英) 情報指向型ネットワーク / Information Centric Network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 篠原 大樹 / Taiki Shinohara /
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原崎 雅敏 / Masatoshi Kawarasaki /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
Tsukuba University (略称: Tsukuba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-102 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会