お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 11:20
データベース/協調センシング連携による効率的な車車間通信用データチャネル選択手法
武本優也塚本和也九工大NS2016-163
抄録 (和) 車車間(Vehicle to Vehicle:V2V)通信に対する要求が高まっているが,新規サービスに対する割当周波数が枯渇している.本研究では周波数利用権を持つユーザが時間・空間的に未使用な周波数(White Space:WS)を車両等のセカンダリユーザ(SU)が利用するコグニティブ無線技術をV2V通信に適用する.WSの把握手段として,WSデータベース(WSDB)とセンシングが提案されている.WSDBへは3G等を用いて接続し,事前に広範囲の情報が取得可能であるため,移動性の高い車両では,長期間データチャネル(D-ch)を切り替えずに利用でき,長い通信時間を確保できる.しかし,位置によっては3Gが利用できないため,WSが把握できず通信できない.一方センシングでは,3G等の通信範囲に依存せずSU自身がWSを発見すればどこでも通信できるが,センシング地点の情報以外の広範囲の情報を事前に取得できず,D-ch切り替えが頻発する恐れがある.そこで本研究では,WSDBで通信不可の期間にセンシングを用いることで,通信可能エリアを拡張する.さらに,把握済みエリアのWSDB情報や複数車両のセンシング結果を共有し蓄積する.この情報を基にセンシング時に移動先の情報を予測することで,適切なD-chを選択し,チャネル切り替え回数の削減を試みる.上記の手法を提案した上で,シミュレーション実験で先行研究と比較した結果,提案手法によりch切り替え回数を大幅に削減でき,その結果通信性能を向上できることを示した. 
(英) Nowadays, Vehicle to Vehicle (V2V) communication are expected to produce comfortable driving. But occupying new resources for V2V communication will be extremely difficult due to the spectrum scarcity problem. On the other hand, it is clearly shows that spatially and/or temporally unused spectrums (White spaces: WSs) are spread over the bands that Primary User (PU) holds license. Therefore, since a cognitive radio technology that Secondary User (SU) who does not hold spectrum license uses gets a great deal of attention. In this study, this technology is applied to V2V communication. Two sorts of the WS detection method have been proposed so far: white space database (WSDB) use or sensing use. In the case of WSDB use, the communication can be easily maintained even under high speed mobility because SU acquires the WS information about multiple locations towards moving direction from WSDB via wireless network in advance. However, its communication performance deeply depends on WSDB connectivity. To solve this issue, SU complementarily performs sensing when SU cannot communicate with WSDB. Sensing can be performed at anywhere irrespective of WSDB, whereas acquisition of WS at multiple location cannot be achieved. Furthermore, communication duration is decreased due to frequent interruption of sensing processes. So we propose methods to estimate WSs and select a D-ch. Through simulation experiment, we demonstrated that the channel switching times can be greatly reduced, thereby improving the throughput performance effectively.
キーワード (和) コグニティブ無線 / 車車間通信 / データチャネル / ホワイトスペースデータベース / センシング / / /  
(英) Cognitive radio / V2V Communication / Data channel / White Space Database / Sensing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-163, pp. 35-40, 2017年3月.
資料番号 NS2016-163 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2016-163

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データベース/協調センシング連携による効率的な車車間通信用データチャネル選択手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effective data channel selection scheme based on database/cooperative sensing collaboration for V2V communication 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コグニティブ無線 / Cognitive radio  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / V2V Communication  
キーワード(3)(和/英) データチャネル / Data channel  
キーワード(4)(和/英) ホワイトスペースデータベース / White Space Database  
キーワード(5)(和/英) センシング / Sensing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武本 優也 / Yuya Takemoto / タケモト ユウヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukaomoto / ツカモト カズヤ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 11:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-163 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.35-40 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会