お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 08:50
NDNソフトウェアルータのパケット転送におけるボトルネックの評価
武政淳二谷口航介小泉佑揮長谷川 亨阪大IN2016-113
抄録 (和) NDN ルータのパケット転送は、キャッシュや名前フォワーディングの機能を実現するために、CPU コアの命令実行や CPU と DRAM 間のデータ伝送など複数の処理を複合的に実行する必要がある。そのため、これらの処理がいかにパケット転送速度向上を阻害するかを解明することがパケット転送速度を向上する鍵である。これに対して、本稿では NDN ソフトウェアの処理に起因するデータ、命令、パケットの伝送が引き起こすパケット転送速度向上のボトルネックを解析する。 
(英) To investigate potential bottlenecks of an Named Data Networking (NDN) router, we highlight how each function consumes computation time (CPU cycles) and I/O bandwidth between hardware components in a computer. We implement a prototype NDN software router and empirically measure the consumption of CPU cycles and dynamic random-access memory (DRAM) channels. Based on the empirical measurements, we reveal several implications for designing high-speed NDN software routers on current commercial computers.
キーワード (和) Named Data Networking (NDN) / Information Centric Networking (ICN) / ソフトウェアルータ / 高速パケッ ト転送 / / / /  
(英) Named Data Networking (NDN) / Information Centric Networking (ICN) / Software Router / High-Speed Packet Forwarding / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 485, IN2016-113, pp. 97-102, 2017年3月.
資料番号 IN2016-113 
発行日 2017-02-23 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IN2016-113

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NDNソフトウェアルータのパケット転送におけるボトルネックの評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Bottleneck Analysis on Packet Forwarding of an NDN Software Router 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Named Data Networking (NDN) / Named Data Networking (NDN)  
キーワード(2)(和/英) Information Centric Networking (ICN) / Information Centric Networking (ICN)  
キーワード(3)(和/英) ソフトウェアルータ / Software Router  
キーワード(4)(和/英) 高速パケッ ト転送 / High-Speed Packet Forwarding  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 武政 淳二 / Junji Takemasa / タケマサ ジュンジ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 航介 / Kosuke Taniguchi / タニグチ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小泉 佑揮 / Yuki Koizumi / コイズミ ユウキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 亨 / Toru Hasegawa / ハセガワ トオル
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 08:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2016-113 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.485 
ページ範囲 pp.97-102 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会