電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-02 09:50
HW故障に耐性があるACT-SBY VM配置方式に関する検討
日高直人森谷俊之NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 通信キャリア網において、NFV (Network Function Virtualization)化が検討されている。NFVでは、これまで専用ハードウェアで実現していた様々なネットワーク機能を、汎用サーバ上で動作するソフトウェアとして実現する。従来より高可用性を求められるネットワーク機能はHWレベルのACT-SBY構成が適用されているが、NFV化されたネットワーク機能でも同等の高可用性を担保するためには、VMレベルでACT-SBY構成をとる必要がある。具体的にはVMを取り入れてACT-SBY構成をとる場合においても、HW故障時に備え、ACT VMとSBY VMを同一HW上に配置しない方法や、オートヒーリングなど仮想化の恩恵を得るために予備リソースの準備方式の検討が必要である。
そこで本検討では、ACT-SBY構成の2VMに対して、HW故障時の再配置/予備リソース準備方式として、HWで既に稼働中のVM数に基づき、配置先HWを分散または集約させる複数の方式を示し、シミュレーションにより各方式を比較評価することで、NFV化されたネットワーク機能のVM配置の指針を明らかにする。 
(英) In carrier network, NFV (Network Function Virtualization) is being studied. In NFV, various network functions realized with dedicated hardware so far are realized as software running on a general server. In legacy carrier network, the high available network functions adopt ACT-SBY system based on dedicated hardware. So ACT-SBY system based on virtual machine is needed to keep carrier grade high availability. More specifically, in the ACT-SBY configuration of the VM level, it is necessary not to arrange the ACT VM and the SBY VM on the same HW in preparation for HW failure and moreover the preparation method of the spare resource consideration is necessary to gain merit of virtualization, such as auto-healing.
Therefore, regarding the arrangement to save up for HW trouble or reserve resource preparation method for the 2 VM of the ACT-SBY configuration of this study, a few methods of distributing or concentrating the destination HW using the number of running VMs is taken as an example, and each method is compared and evaluated by simulation, And clarify the guideline on arrangement of VM deployment in the network leveraged NFV.
キーワード (和) NFV / Network Function Virtualization / ACT-SBY構成 / VM配置方式 / / / /  
(英) NFV / Network Function Virtualization / Active-Standby System / Allocation method / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 484, NS2016-182, pp. 143-143, 2017年3月.
資料番号 NS2016-182 
発行日 2017-02-23 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2017-03-02 - 2017-03-03 
開催地(和) 沖縄残波岬ロイヤルホテル 
開催地(英) OKINAWA ZANPAMISAKI ROYAL HOTEL 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2017-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HW故障に耐性があるACT-SBY VM配置方式に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study on allocation methods of ACT-SBY VMs for HW failure 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(2)(和/英) Network Function Virtualization / Network Function Virtualization  
キーワード(3)(和/英) ACT-SBY構成 / Active-Standby System  
キーワード(4)(和/英) VM配置方式 / Allocation method  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日高 直人 / Naoto Hidaka / ヒダカ ナオト
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森谷 俊之 / Toshiyuki Moriya / モリヤ トシユキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-02 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2016-182 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 p.143 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-NS-2017-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会