電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-03-01 10:50
LTE-Aにおける再送時間の短縮化及び確実性を高めた再送手法に関する一検討
伊藤弘喜三瓶政一阪大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 5Gシステムではより高い信頼性や低遅延性を要求するミッションクリティカルIoTへの対応が求められている.ここで,制御機器と被制御機器がセルラシステムの同一セル内にいる場合,制御ループは,被制御機器→基地局, 基地局→制御機器,制御機器→基地局,基地局→被制御機器という4つの無線リンクの閉ループで構成され,End-to-Endでの遅延は4リンク全体での伝送遅延で決定される.そこで本稿では,基地局からの信号を同一セル内機器は全ての局が受信可能であるという性質を利用して再送時間を短縮化するとともに,パケット誤り発生時には最優先にリソースを割り当て,再送後に受信機の平均受信SNR (Signal to Noise power Ratio) が規定値を上回るように送信電力を制御することで確実に1回の再送だけで伝送が完結することを目的とした技術を提案する. 
(英) This paper proposes a latency reduction scheme for high reliable and low latency transmission scheme for Long Term Evolution Advanced (LTE-A) systems. In this paper, we considers an access point (AP) covered area in which a controller and controlled machines are allocated. In this case, latency is measured in the round trip time that consists of four links; controlled equipment → base station, base station → control equipment, control equipment → base station and base station → controlled equipment. ACK/NACK detection is done not by the ACK/NACK message but by detecting transferred message by the AP, whether transmission information in the downlink is the same as the previously transmitted information or not. Moreover, to exactly achieve reliable transmission using at most one retransmission, transmit power is controlled in the retransmission process. Computer simulation confirms that the proposed scheme is effective in reducing round trip delay in the machine control systems.
キーワード (和) ミッションクリティカルIoT / End-to-End遅延 / ACK/NACK / 無線リソース管理 / 送信電力制御 / / /  
(英) mission critical IoT / End-to-End latency / ACK/NACK / radio resource management / transmit power control / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 479, RCS2016-293, pp. 25-30, 2017年3月.
資料番号 RCS2016-293 
発行日 2017-02-22 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS SR SRW  
開催期間 2017-03-01 - 2017-03-03 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-03-RCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) LTE-Aにおける再送時間の短縮化及び確実性を高めた再送手法に関する一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Retransmission method with Reduction of Latency and High Reliability in LTE-A 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミッションクリティカルIoT / mission critical IoT  
キーワード(2)(和/英) End-to-End遅延 / End-to-End latency  
キーワード(3)(和/英) ACK/NACK / ACK/NACK  
キーワード(4)(和/英) 無線リソース管理 / radio resource management  
キーワード(5)(和/英) 送信電力制御 / transmit power control  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 弘喜 / Hiroki Ito / イトウ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三瓶 政一 / Seiichi Sampei /
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-03-01 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2016-293 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.479 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2017-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会