お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-27 16:00
IoT複合イベント処理におけるアクションの並列実行
大谷雅之石田 亨中口孝雄村上陽平京大AI2016-39
抄録 (和) Internet of Things(IoT)環境下でストリームデータを取り扱う手法として,複合イベント処理(Complex Event Processing: CEP)が注目されている.CEPシステムは,特定したイベントに対し一つのルールを選択し実行するため,複数のルールの実行は逐次的に処理される.しかし,IoT環境ではルールの動作部分の実行時間が長くなる傾向があり,逐次的に実行すると一つのルールの実行中に他のルールが実行されないという問題がある.一方,ルールを単純に並列実行すると,ルール間に干渉が生じルールが想定していない結果が生じることがある.本研究では,プロダクションシステムの並列実行モデルを参考に,IoT環境で複数のルールを並列に実行できるようCEPシステムを拡張した.具体的には,ルールの記述にセンサとアクチュエータの依存関係の定義を導入し,IoT環境における並列実行可能性の条件判定を拡張した.次に,実行に時間を要するアクションを含め,干渉しないよう並列実行を制御するために並列実行の同期制御を拡張した.これらの拡張の結果,CEPシステムで,IoT環境下の三種の並列処理(データ並列,タスク並列,パイプライン並列)が実行可能となること,一方,他のルールとの並列実行によりルールで想定していない結果が生じる場合を防止出来ることを示した. 
(英) Complex event processing (CEP) has been attracting much attention as a method for analyzing streaming data in the IoT environment. Since a CEP system selects and executes a rule from rules that match identified events, i.e., multiple rules are sequentially executed. This, however, causes a problem in an Internet of Things (IoT) environment since rule execution is slow and the remaining rules must wait to be executed. Simply executing rules in parallel may trigger interference between rules, and thus unexpected and undesirable results. This paper extends the conventional CEP system by developing an execution model for parallel rule firing in the IoT environment to be able to execute multiple rules in parallel without any interference. We start with extended parallel firing conditions by adding the definition of dependency between sensors and actuators to these conditions. Next, we extend synchronization control of parallel firing to avoid the interference among rules that can occur when actions take a lot of time to execute. This paper reveals that the extended CEP system (i) realizes triple parallelism (i.e., data parallelism, task parallelism, and pipeline parallelism) in the IoT environment and (ii) avoids the case where rule execution triggers unexpected results.
キーワード (和) 複合イベント処理 / アクションの並列実行 / 競合解消 / 同期制御 / モノのインターネット / / /  
(英) Complex event processing / Parallel rule firing / Conflict resolution / Synchronized control / Internet of things / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 474, AI2016-39, pp. 25-30, 2017年2月.
資料番号 AI2016-39 
発行日 2017-02-20 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2016-39

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2017-02-27 - 2017-02-27 
開催地(和) 京都大学 吉田キャンパス 
開催地(英) Kyoto Univ. 
テーマ(和) 言語グリッドと多言語,多文化コラボレーション 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2017-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IoT複合イベント処理におけるアクションの並列実行 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Parallel Execution of Actions in IoT Complex Event Processing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 複合イベント処理 / Complex event processing  
キーワード(2)(和/英) アクションの並列実行 / Parallel rule firing  
キーワード(3)(和/英) 競合解消 / Conflict resolution  
キーワード(4)(和/英) 同期制御 / Synchronized control  
キーワード(5)(和/英) モノのインターネット / Internet of things  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大谷 雅之 / Masayuki Otani / オオタニ マサユキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 石田 亨 / Toru Ishida / イシダ トオル
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中口 孝雄 / Takao Nakaguchi / ナカグチ タカオ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 陽平 / Yohei Murakami / ムラカミ ヨウヘイ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-27 16:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2016-39 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.25-30 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AI-2017-02-20 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会