お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-24 11:00
[招待講演]電源分配回路網の高速シミュレーションに向けた回路指向型モデル化・解析手法
關根惟敏静岡大CAS2016-128 CS2016-89
抄録 (和) 本報告では,チップ・パッケージ・基板内の電源分配回路網(PDN: Power Delivery Network)における高速なシミュレーションを目的とした,効率的なモデル化・解析手法について紹介する.一般に,微小構造や曲線構造を含むPDNをモデル化する場合,メッシュが小さく,その数が膨大になるため,解析に要する時間が莫大になる傾向がある.一方,解析手法の効率が解析対象の特性に依存する場合,解析対象によっては効率的なシミュレーションが実現できない可能性がある.本報告で紹介するモデル化手法は,精度を劣化させることなくメッシュ数を少なくし,かつ解析に向いた特性となる等価回路モデルを導出できる.加えて,従来の解析手法に不利な特性を持つモデルを,効率的に解析することができる手法についても紹介する.モデル化手法と解析手法の双方の観点から,高速なシミュレーションをいかに実現するかについて述べ,等価回路モデルを用いた回路指向型の手法が,PDNの検証に向いていることを示す. 
(英) In this report, I introduce efficient modeling and analysis methods for the fast simulation of power delivery networks (PDNs) in chip, package, and board. In the case that the PDN including small and/or curved structures, meshes are generally small and the number of them becomes large, and therefore, the time taken for the analysis tends to be large. On the other hand, if an analysis method depends on a property of an object to be analyzed, we may be not able to perform the efficient simulation. The modeling method described in this report can reduce the number of meshes without degrading the accuracy and derive the equivalent circuit model which has suitable properties for the analysis. In addition, I also introduce the method to provide the fast simulation of the model which has a property inconvenient to an existing analysis method. From viewpoints of both modeling and analysis methods, I describe how to achieve the fast simulation and make a point that the circuit-oriented techniques based on the equivalent circuit model are suitable for the validation of the PDN.
キーワード (和) 回路指向型手法 / 等価回路モデル / 高速シミュレーション / 電源分配回路網 / / / /  
(英) Circuit-oriented method / equivalent circuit model / fast simulation method / power delivery network / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 467, CAS2016-128, pp. 81-81, 2017年2月.
資料番号 CAS2016-128 
発行日 2017-02-16 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2016-128 CS2016-89

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2017-02-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電源分配回路網の高速シミュレーションに向けた回路指向型モデル化・解析手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Circuit-Oriented Modeling and Analysis Methods Toward the Fast Simulation of Power Delivery Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 回路指向型手法 / Circuit-oriented method  
キーワード(2)(和/英) 等価回路モデル / equivalent circuit model  
キーワード(3)(和/英) 高速シミュレーション / fast simulation method  
キーワード(4)(和/英) 電源分配回路網 / power delivery network  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 關根 惟敏 / Tadatoshi Sekine / セキネ タダトシ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-24 11:00:00 
発表時間 45 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2016-128,IEICE-CS2016-89 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.467(CAS), no.468(CS) 
ページ範囲 p.81 
ページ数 IEICE-1 
発行日 IEICE-CAS-2017-02-16,IEICE-CS-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会