お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-24 15:35
通信網経由遠隔リアルタイム制御に対する伝送品質の影響度の実験的評価
葉玉寿弥後藤和正皆川昌樹長崎兼大中村僚兵防衛大CAS2016-134 CS2016-95
抄録 (和) 自動車の自動運転技術は実用化が近い.小型無人機についても,自動操縦を低コストで実現できれば,様々な分野への応用が期待できる.本研究では,遠隔制御型の自動操縦に焦点をあて,無人機と制御サーバとの間の制御通信チャネルの通信品質に対する要求条件を検討した結果を述べる.無人機の応用として,人間の走行速度程度以下でオフィス内を自動で巡回走行するシステムに焦点をあて,遠隔自動操縦で巡回走行を適切に行うために必要な通信品質を明らかにしている.遠隔自動操縦システムを実機として構成するとともに,実機の動作を模擬するシミュレータを作成した.これらを用いて実験的評価を行った結果を示す. 
(英) Self-driving techniques for automobiles are expected to play important roles in near future. Even for small unmanned vehicles, if it can realize automatic piloting at low cost, it can be expected to be applied to various fields. In this research, we focus on the remote control type automatic vehicles and show the result of examining the requirement for the communication quality of the control communication channel between the unmanned vehicle and the control server. In this paper, as an application of an unmanned vehicle, we focused on a system that run automatically inside the office at less than the running speed of a person. We are clarifying the communication quality necessary for running properly. In addition to configuring the remote automatic control system as an actual machine, we created a simulator simulating the operation of the actual machine. We show the results of experimental evaluation using them.
キーワード (和) 情報ネットワーク / 遠隔制御 / 自動制御 / 伝送品質 / 無線LAN / 伝送遅延 / 実時間制御 / 小型無人機  
(英) communication Network / remote control / automatic control / transmission quality / wireless LAN / transmission delay / real-time control / small unmanned vehicle  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 468, CS2016-95, pp. 111-116, 2017年2月.
資料番号 CS2016-95 
発行日 2017-02-16 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2016-134 CS2016-95

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2017-02-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 通信網経由遠隔リアルタイム制御に対する伝送品質の影響度の実験的評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Experimental evaluation of the effect of transmission quality on remote real-time control via communication network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情報ネットワーク / communication Network  
キーワード(2)(和/英) 遠隔制御 / remote control  
キーワード(3)(和/英) 自動制御 / automatic control  
キーワード(4)(和/英) 伝送品質 / transmission quality  
キーワード(5)(和/英) 無線LAN / wireless LAN  
キーワード(6)(和/英) 伝送遅延 / transmission delay  
キーワード(7)(和/英) 実時間制御 / real-time control  
キーワード(8)(和/英) 小型無人機 / small unmanned vehicle  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 葉玉 寿弥 / Hisaya Hadama / ハダマ ヒサヤ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 和正 / Kazumasa Goto / ゴトウ カズマサ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 皆川 昌樹 / Masaki Minagawa / ミナガワ マサキ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長崎 兼大 / Kenta Nagasaki / ナガサキ ケンタ
第4著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 僚兵 / Ryohei Nakamura /
第5著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defence Academy (略称: NDA)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-24 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2016-134,IEICE-CS2016-95 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.467(CAS), no.468(CS) 
ページ範囲 pp.111-116 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2017-02-16,IEICE-CS-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会