お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-24 10:20
スリープモードを有する成功優先スロットアロハのエネルギー解析
梅原大祐武田貫志京都工繊大CAS2016-127 CS2016-88
抄録 (和) 無線通信の高速化に伴い,無線チャネル上のフレーム時間長が短縮化される.その結果,伝搬遅延により生じるフレーム送信開始時の競合区間が相対的に大きくなり,キャリアセンス機能を用いたランダムアクセスプロトコルの利点が損なわれる.また,無線通信デバイスのエネルギー効率を高めるためには,受信機がアクティブ状態となるキャリアセンス機能は必ずしも望ましくない.そこで,本稿では,即時ACKもしくは自己ACKを条件としたNon-Persistent型で送受信スロット以外はスリープ状態とするスロットアロハプロトコルを検討する.スロットアロハのエネルギー効率を高めるために,成功優先バックオフアルゴリズムを導入し,飽和状態におけるスロット当たりの消費電流を評価する. 
(英) The advancement of wireless communication technologies will make the frame time length to be shortened on wireless channels. The contention time region in the start of a frame transmission will be widened relatively so that the advantage of carrier-sensing function would be reduced for random access protocols. The receiver is active during carrier-sensing so that the energy efficiency would be low for wireless communication devices. In this manuscript, we consider a non-persistent slotted ALOHA protocol that the transceiver is in the sleep mode except with transmit and receive slots on a condition of immediate ACK or self ACK. We apply a success prioritized backoff algorithm to enhance the energy efficiency of slotted ALOHA and evaluate its consumed current per slot under saturated traffic conditions.
キーワード (和) ランダムアクセスプロトコル / スロットアロハ / 成功優先バックオフ / 飽和トラヒック / 消費電流 / スループット / /  
(英) random access protocol / slotted ALOHA / success prioritized backoff / saturated traffic / consumed current / throughput / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 468, CS2016-88, pp. 75-79, 2017年2月.
資料番号 CS2016-88 
発行日 2017-02-16 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2016-127 CS2016-88

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2017-02-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) スリープモードを有する成功優先スロットアロハのエネルギー解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Energy Analysis of Success Prioritized Slotted ALOHA with Sleep Mode 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ランダムアクセスプロトコル / random access protocol  
キーワード(2)(和/英) スロットアロハ / slotted ALOHA  
キーワード(3)(和/英) 成功優先バックオフ / success prioritized backoff  
キーワード(4)(和/英) 飽和トラヒック / saturated traffic  
キーワード(5)(和/英) 消費電流 / consumed current  
キーワード(6)(和/英) スループット / throughput  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Daisuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Techonlogy (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 貫志 / Kanji Takeda / タケダ カンジ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Techonlogy (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-24 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2016-127,IEICE-CS2016-88 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.467(CAS), no.468(CS) 
ページ範囲 pp.75-79 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CAS-2017-02-16,IEICE-CS-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会