電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-23 15:30
OFDM信号のCyclic Prefix (CP)を利用した特徴検出方式 ~ ミリ波帯での衛星と携帯との干渉特性モニタリングへの応用(衛星アップリンク) ~
樫木勘四郎定 知生KDDI総合研究所)・長峰諒英東工大)・渡辺文夫KDDI総合研究所/東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代の携帯通信では,新たな周波数として28GHz帯の使用が検討されている.この帯域は,衛星通信にも割当てられており,既に運用されているシステムもあるので,相互の干渉が課題になると考えられる.本稿では,携帯から衛星アップリンクへの干渉を対象にする.両者の通信仕様を考慮すると,携帯端末から衛星アップリンクへの干渉は大きくないと考えられる.一方,小さな干渉でも,その状態をモニタリングしようとすれば,高精度な測定方式が必要になる.筆者らは, OFDM信号に付加されているCyclic Prefix(CP)を利用した信号検出方式について検討しており,この方式を衛星と携帯との干渉モニタリングに応用した.対象とする衛星システムはWINDS(Wideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite)の3.2Gbps伝送とし,携帯は現LTEに基づいた仕様を想定する.シミュレーションでの検討の結果,衛星と携帯両方にCPが付加されている本モデルでは,両者の電力差が40dB(同一帯域幅では約26dB)の場合にも,電力差は精度よく推定可能であること,また,携帯波を検出する際に干渉波として作用する衛星波は,熱雑音と同様に扱うことができることが明らかとなった. 
(英) In the fifth generation cellular system, use of 28 GHz band is discussed as new radio frequency. Since the band is also allocated to the satellite system which is now being operated, their mutual interference will be an important study issue. In the report, we deal with the interference in the satellite uplink from the cellular system. Considering the communication specifications of both systems, it is thought that the interference from the cellular system will not be harmful. On the other hand, if it is required that even small interference is monitored, an interference measuring scheme with high sensitivity is needed. The authors have investigated the feature detection scheme using Cyclic Prefix (CP) in the OFDM signal. Herein, such scheme is applied to the measuring method to estimate the power ratio of the satellite signal to cellular signal. The satellite system under discussion is the 3.2 Gbps transmission using the WINDS (Wideband InterNetworking engineering test and Demonstration Satellite), whose signal has CP element. The specifications of the cellular system is supposed based on the presently operating LTE system. From simulation results, it is concluded that power ratio of 40 dB can be measured with high accuracy, in such supposed model that both signals have CP elements. Furthermore, in the detection of cellular signal, it is clarified that the satellite signal can be treated like as thermal noise, where the satellite signal affects as interfering sources.
キーワード (和) OFDM信号 / 特徴検出方式 / サイクリックプリフィックス / ミリ波帯 / 衛星と携帯の干渉 / モニタリング特性 / /  
(英) OFDM signal / feature detection / Cyclic Prefix / millimeter band / interference monitoring between satellite and cellular systems / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 470, SAT2016-68, pp. 41-46, 2017年2月.
資料番号 SAT2016-68 
発行日 2017-02-16 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) 勝浦ホテル三日月 
開催地(英) Katsuura Hotel Mikazuki 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2017-02-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OFDM信号のCyclic Prefix (CP)を利用した特徴検出方式 
サブタイトル(和) ミリ波帯での衛星と携帯との干渉特性モニタリングへの応用(衛星アップリンク) 
タイトル(英) Feature detection scheme using Cyclic Prefix (CP) in OFDM signal 
サブタイトル(英) Interference monitoring between satellite and cellular systems in millimeter band (in satellite uplink) 
キーワード(1)(和/英) OFDM信号 / OFDM signal  
キーワード(2)(和/英) 特徴検出方式 / feature detection  
キーワード(3)(和/英) サイクリックプリフィックス / Cyclic Prefix  
キーワード(4)(和/英) ミリ波帯 / millimeter band  
キーワード(5)(和/英) 衛星と携帯の干渉 / interference monitoring between satellite and cellular systems  
キーワード(6)(和/英) モニタリング特性 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 樫木 勘四郎 / Kanshiro Kashiki / カシキ カンシロウ
第1著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc (略称: KDDI Research)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 定 知生 / Tomoki Sada / サダ トモキ
第2著者 所属(和/英) KDDI総合研究所 (略称: KDDI総合研究所)
KDDI Research, Inc (略称: KDDI Research)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長峰 諒英 / Akihide Nagamine / ナガミネ アキヒデ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institue of technology (略称: Tokyo Tech.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 文夫 / Fumio Watanabe / ワタナベ フミオ
第4著者 所属(和/英) KDDI総合研究所/東京工業大学 (略称: KDDI総合研究所/東工大)
KDDI Research, Inc/Tokyo Institue of technology (略称: KDDI Research/Tokyo Tech.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-23 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2016-68 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.41-46 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会