電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-23 15:00
[特別招待講演]情報通信分野における標準化と知的財産の動向
平松幸男阪工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 情報通信分野の国際標準化動向を振り返り、国際標準化の舞台が国際的な機関から民間のフォーラム・コンソーシアムなどの組織へと移行している状況を改めて確認し、その中で活動する企業が特許を中心とした知的財産権を戦略的に取得してきた経緯と、技術の融合を背景とした異なる立場の企業間の対立、および各国行政機関の最近の対応について解説する。この技術融合は将来的にも継続すると思われ、ICT関連企業にとっては大きな市場の広がりが期待できるが、そこへのアプローチの仕方が見えにくい状況になっているため、これまでにも増して「自発的な広い意味での標準化活動」が重要になることを指摘する。 
(英) This lecture reviews historical trends on standardization in the Information and Communication Area, and reconfirms that the main drivers of the standardization have shifted from international organizations to industrial fora and consortia, then, explains how companies, who are active in the area, have acquired Intellectual Property, mainly patents strategically, and conflicted with each other under the situation of technology convergence, as well as corresponding actions by government authority in various regions. This technology convergence is considered to continue in the future, which would provide enormous enlargement of the market for ICT companies, but, would make it unclear for the companies how to approach the market. Therefore, the companies must be more active in engaging in voluntary standardization as the broadest mean.
キーワード (和) ICT / 標準化 / 特許 / 訴訟 / 政府 / 戦略 / 企業 /  
(英) ICT / standardization / patent / lawsuit / government / strategy / company /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 468, CS2016-84, pp. 51-57, 2017年2月.
資料番号 CS2016-84 
発行日 2017-02-16 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CAS CS  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) 彦根勤労福祉会館 
開催地(英)  
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2017-02-CAS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報通信分野における標準化と知的財産の動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Status of Standardization and Intellectual Property in the Information and Communication Technology Area 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ICT / ICT  
キーワード(2)(和/英) 標準化 / standardization  
キーワード(3)(和/英) 特許 / patent  
キーワード(4)(和/英) 訴訟 / lawsuit  
キーワード(5)(和/英) 政府 / government  
キーワード(6)(和/英) 戦略 / strategy  
キーワード(7)(和/英) 企業 / company  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 平松 幸男 / Yukio Hiramatsu / ヒラマツ ユキオ
第1著者 所属(和/英) 大阪工業大学 (略称: 阪工大)
Osaka Institute of Technology (略称: OIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-23 15:00:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2016-123,IEICE-CS2016-84 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.467(CAS), no.468(CS) 
ページ範囲 pp.51-57 
ページ数 IEICE-7 
発行日 IEICE-CAS-2017-02-16,IEICE-CS-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会