電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-23 13:15
多周波ステップCPC方式におけるドップライメージングの任意時刻合焦と高速化の検討
渡辺一宏渡辺優人秋田 学稲葉敬之電通大SANE2016-118
抄録 (和) 筆者らは,多目標の分離が可能であり狭受信機帯域にて遠距離性を確保しつつ高距離分解能を実現可能な多周波ステップCPC方式[1]を提案し実用化に取り組んでいる.これまで,この変調方式の車載レーダ等への応用を想定し,前側方の静止物に対する距離と速度の2次元画像(RV マップ)を高精度に生成する手法について提案してきた[2].本稿では,多周波ステップ間ドップラ補正をはじめレンジウォークとドップラウォークのすべてを補償しつつパルス列の任意パルス時刻で合焦させる処理方法を提案する.提案法により,任意の指定合焦時刻において正しい合焦位置で合焦できることを示す.また,処理負荷の大きな多周波ドップラ補正とレンジウォーク補償において,FFTが利用できる手法を導入してカスケードに実行する高速化処理を提案しその結果を示す. 
(英) This paper describes a processing method that enables focusing at arbitrary time in Doppler imaging in the front direction of automotive radar using multiple frequency CPC modulation method. This method enables focusing at any pulse time while compensating for Doppler frequency spreading due to multiple frequency transmissions and range walk and Doppler walk due to radar movement during the measurement period. And this paper also describes the fast processing by using FFT for Doppler frequency spreading correction and range walk compensation with large processing load, and shows the results of Doppler imaging by this method.
キーワード (和) 多周波ステップCPCミリ波レーダ / ドップライメージング / レンジウォーク / ドップラウォーク / / / /  
(英) millimeter wave radar using stepped multiple frequency CPC / Doppler imaging / range walk / Doppler walk / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 469, SANE2016-118, pp. 1-6, 2017年2月.
資料番号 SANE2016-118 
発行日 2017-02-16 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SANE2016-118

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) 勝浦ホテル三日月 
開催地(英) Katsuura Hotel Mikazuki 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2017-02-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多周波ステップCPC方式におけるドップライメージングの任意時刻合焦と高速化の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High Resolution Doppler Imaging Processing for Stepped Multiple Frequency CPC Rader to Enable Focusing at the Arbitrary Time and Processing at High Speed 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 多周波ステップCPCミリ波レーダ / millimeter wave radar using stepped multiple frequency CPC  
キーワード(2)(和/英) ドップライメージング / Doppler imaging  
キーワード(3)(和/英) レンジウォーク / range walk  
キーワード(4)(和/英) ドップラウォーク / Doppler walk  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 一宏 / Kazuhiro Watanabe / ワタナベ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 優人 / Masato Watanabe / ワタナベ マサト
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 学 / Manabu Akita / アキタ マナブ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 稲葉 敬之 / Takayuki Inaba / イナバ タカユキ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-23 13:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-118 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.469 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会