お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-23 09:20
Kaバンド衛星通信システムにおけるOFDMA適応通信方式の周波数利用効率の検討
大川 貢若菜弘充三浦 周NICTSAT2016-61
抄録 (和) Ka周波数帯を使用した大容量衛星通信システム(HTS: High Through-put Satellite)に適用することを目的として,電力制限的および周波数制限的回線の変化に追従し,高い周波数利用効率を維持するOFDMA (Orthogonal frequency-division multiple access) ACM (Adaptive Coding and Modulation)について検討した.DVB-S2Xの変調方式,符号化方式を用いてOFDMA多元接続におけるACMを実施する場合の周波数利用効率の改善効果を示した. 
(英) We have studied about the OFDMA (Orthogonal frequency-division multiple access) ACM (Adaptive Coding and Modulation) to maintain a high frequency utilization efficiency in according to the change of power limited and frequency bandwidh limited channel aimed using for Ka-band high through-put satellite (HTS) system. The improvement of frequency utilization efficiency has been shown by using the modulation scheme of the DVB-S2X for OFDMA.
キーワード (和) ACM / DVB-S2X / Kaバンド衛星通信 / / / / /  
(英) ACM / DVB-S2X / Ka-band Satellite Communication / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 470, SAT2016-61, pp. 1-6, 2017年2月.
資料番号 SAT2016-61 
発行日 2017-02-16 (SAT) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SAT2016-61

研究会情報
研究会 SANE SAT  
開催期間 2017-02-23 - 2017-02-24 
開催地(和) 勝浦ホテル三日月 
開催地(英) Katsuura Hotel Mikazuki 
テーマ(和) 衛星応用技術及び一般 
テーマ(英) Satellite Application and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SAT 
会議コード 2017-02-SANE-SAT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Kaバンド衛星通信システムにおけるOFDMA適応通信方式の周波数利用効率の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of Frequency Utilization Efficiency of OFDMA Adaptive Coding and Modulation on Ka-band Satellite Communications System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ACM / ACM  
キーワード(2)(和/英) DVB-S2X / DVB-S2X  
キーワード(3)(和/英) Kaバンド衛星通信 / Ka-band Satellite Communication  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 貢 / Mitsugu Ohkawa / オオカワ ミツグ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 若菜 弘充 / Hiromitsu Wakana / ワカナ ヒロミツ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 周 / Amane Miura / ミウラ アマネ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-23 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SAT 
資料番号 IEICE-SAT2016-61 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.470 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SAT-2017-02-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会