電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-21 11:45
HEVCにおける機械学習を利用したIntra/InterCUサイズ決定の高速化
蔡 豐宇古田 渓藤田 玄阪電通大ITS2016-51 IE2016-109
抄録 (和) HEVC(High Efficiency Video Coding)は符号化の演算量が大きいという問題点があり、特にCU(Coding Unit)サイズを決定する処理が顕著である。これに対して、近年、機械学習を用いたIntra CUサイズの高速決定手法に関して多くの研究報告がなされている。一方、Inter CUに関する報告例は少ない。本研究では、機械学習を用いてIntra CUのみならず、Inter CUのサイズを高速決定する手法を検討する。 
(英) There is a heavy time complexity on HEVC(High Efficiency Video Coding) encoder, and the computation of CU(Coding Unit) size decision is particularly large. To solve the time complexity problem, the research of fast Intra CU size decision by using Machine Learning became popular in these years. On the other hand, there is not too much research for Inter CU size decision by using Machine Learning. In this paper, we have proposed a fast CU size decision method by using Machine Learning which can support both Intra CU and Inter CU.
キーワード (和) HEVC / 機械学習 / Coding Unit / CU Partition / / / /  
(英) HEVC / Machine Learning / Coding Unit / CU Partition / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 464, IE2016-109, pp. 241-245, 2017年2月.
資料番号 IE2016-109 
発行日 2017-02-13 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2016-51 IE2016-109

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2017-02-20 - 2017-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2017-02-IE-ITS-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HEVCにおける機械学習を利用したIntra/InterCUサイズ決定の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast Intra/Inter CU size Decision for H.265/HEVC using Machine Learning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HEVC / HEVC  
キーワード(2)(和/英) 機械学習 / Machine Learning  
キーワード(3)(和/英) Coding Unit / Coding Unit  
キーワード(4)(和/英) CU Partition / CU Partition  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔡 豐宇 / Fengyu Tsai / サイ ホウウ
第1著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古田 渓 / Kei Furuta / フルタ ケイ
第2著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 玄 / Gen Fujita / フジタ ゲン
第3著者 所属(和/英) 大阪電気通信大学 (略称: 阪電通大)
Osaka Electro-Communication University (略称: Osaka Electro-Communication Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-21 11:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2016-51,IEICE-IE2016-109 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.463(ITS), no.464(IE) 
ページ範囲 pp.241-245 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-ITS-2017-02-13,IEICE-IE-2017-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会