電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-21 12:15
ドライビングシミュレータにおける視線解析システムの開発
井手 学志堂寺和則九大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ドライビングシミュレータ実験において使用する,運転者の視対象を特定する解析システムを試作した.
従来,眼球運動測定/解析システムにおいて視野画像中の視線の位置を示すことができたが,運転者が何を見ているのかという視対象の特定は解析者が視察により行わざるをえず,膨大な手間がかかっていた.
本研究では,ドライビングシミュレータと視線解析を一体化し,視線対象物を自動で特定するシステムを開発し,精度の検証を行った.
正解率は高い参加者もいたが,正解率が低い参加者もいた.
システムの改善点が明らかとなった. 
(英) We have developed a system which can identify what drivers look at on a driving simulator.
Conventional eye tracking systems can measure fixation points but cannot specify objects in the scene.
Therefore, researchers have taken a great effort to analyze the data with their own eyes.
In this study, we combined a driving simulator and an eye tracking system in order to detect fixated objects and then conducted verification experiments for our system.
The success rate was high for some participants, but it was low for some.
Present problems requiring improvements were clarified.
キーワード (和) 交通事故 / 視線計測 / ドライビングシミュレータ / / / / /  
(英) Traffic Accident / Eye Tracking / Driving Simulator / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 463, ITS2016-68, pp. 371-374, 2017年2月.
資料番号 ITS2016-68 
発行日 2017-02-13 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2017-02-20 - 2017-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-02-IE-ITS-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ドライビングシミュレータにおける視線解析システムの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Development of Driving Gaze Analysis System with Driving Simulator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 交通事故 / Traffic Accident  
キーワード(2)(和/英) 視線計測 / Eye Tracking  
キーワード(3)(和/英) ドライビングシミュレータ / Driving Simulator  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井手 学 / Manabu Ide / イデ マナブ
第1著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 志堂寺 和則 / Kazunori Shidoji /
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-21 12:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2016-68,IEICE-IE2016-126 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.463(ITS), no.464(IE) 
ページ範囲 pp.371-374 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ITS-2017-02-13,IEICE-IE-2017-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会