電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-21 11:30
車車間・路車間共用通信ITSシステムにおける車車間通信性能向上のためのチャネルアクセス制御方式
高尾英行森 香津夫眞田耕輔小林英雄三重大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 700MHz帯車車間・路車間共用通信の標準規格ARIB STD-T109を用いたITS通信システムでは,車車間通信期間開始直後にチャネルアクセスが集中し,車車間通信性能が劣化する問題がある.これに対して,車車間通信パケットを対象にランダムな延期を加えることでチャネルアクセスを分散させる手法が提案されている.しかしこの手法では伝送遅延時間の増大に加えパケット間あるいは同一車両内での遅延時間のばらつきが大きくなる問題がある.本稿ではこの問題に対処するために生起時刻に基づいたチャネルアクセス制御方式を提案する.計算機シミュレーションによる性能評価により,提案手法では,従来手法に比べ伝送遅延時間の差異の緩和と平均パケット受信成功率の維持が可能となり車車間通信性能の向上を実現できることを示す. 
(英) In the ITS communications system based on ARIB STD-T109 which employs time division channel access with Vehicle to Vehicle (V2V)/Roadside units to Vehicles (R2V) communications in 700MHz frequency band, the V2V communication performance decreases due to its channel accesses concentration at the head of the V2V communication period. To overcome this problem the channel access method which employs randomly delayed access has been proposed to distribute the concentrated channel accesses. However, this method causes large transmission delay and its large variance for V2V packet transmissions. Therefore, this paper proposes a new channel access control method based on the packet generation time. Performance evaluation by computer simulation shows the proposed method improves the delay performance while achieving good successful packet reception rate in V2V communications.
キーワード (和) ARIB STD-T109 / 車車間通信 / チャネルアクセス制御方式 / / / / /  
(英) ARIB STD-T109 / Vehicle to Vehicle communications / Channel access control scheme / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 463, ITS2016-65, pp. 355-360, 2017年2月.
資料番号 ITS2016-65 
発行日 2017-02-13 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2017-02-20 - 2017-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2017-02-IE-ITS-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 車車間・路車間共用通信ITSシステムにおける車車間通信性能向上のためのチャネルアクセス制御方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Channel Access Control Method for Improving V2V Communication in V2V and R2V Frequency sharing ITS Communications 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ARIB STD-T109 / ARIB STD-T109  
キーワード(2)(和/英) 車車間通信 / Vehicle to Vehicle communications  
キーワード(3)(和/英) チャネルアクセス制御方式 / Channel access control scheme  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高尾 英行 / Hideyuki Takao / タカオ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 香津夫 / Kazuo Mori / モリ カズオ
第2著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 耕輔 / Kosuke Sanada / サナダ コウスケ
第3著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 英雄 / Hideo Kobayashi / コバヤシ ヒデオ
第4著者 所属(和/英) 三重大学 (略称: 三重大)
Mie University (略称: Mie Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-21 11:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2016-65,IEICE-IE2016-123 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.463(ITS), no.464(IE) 
ページ範囲 pp.355-360 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2017-02-13,IEICE-IE-2017-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会