電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-20 11:15
高輝度レンジ映像視聴時の心理・生理状態の評価
阪本清美田中 豊パナソニック)・山下久仁子岡田 明阪市大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では、高輝度レンジ映像視聴時の心理・生理状態についての評価実験を行ったのでその結果を報告する.58インチの4KTVを用いて、4K-HDR(High dynamic range)と4K-SDR(Standard dynamic range)の輝度レンジの異なるTVコンテンツ視聴を行った.測定項目として、主観評価, 瞬目率,交感神経活動度(LF/HF),NIRS (near infrared spectroscopic topography,近赤外分光法)による脳血液動態を計測した.その結果,4K-HDRの心理評価スコアは4K-SDRのそれと比較して、「臨場感」,「迫力感」,「動的な」,「立体的な」,「質感」等の心理評価項目で有意に大きかった.また、生理評価において、4K-HDRの交感神経活動度(LF/HF)が4K-SDRのそれと比較して有意に小さくなっていた 
(英) We experimentally estimated of psychophysiological state during high and standard dynamic ranges contents viewing on a 58-inch 4K TV. As the measurements items, subjectivity assessment, blinking rates, heart rate variability(the level of sympathetic nerve activity: LF/HF), near-infrared spectroscopic (NIRS) topography were adopted. The results showed that the scores for “presence,” “impact,” “dynamic,”“feeling of depth,” and“high quality,” when viewing 4K-HDR video content were significantly higher than those for 4K-SDR content. Moreover, LF/HF, representing sympathetic nervous system activities, when viewing 4K-HDR video content, was significantly lower than those for 4K-SDR content.
キーワード (和) 心理生理状態 / NIRS / 心拍変動 / TV視聴 / 4KTV / 4K-HDR / 4K-SDR /  
(英) Physiological and psychological state / NIRS / HR variability / TV viewing / 4KTV / 4K-HDR / 4K-SDR /  
文献情報 信学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 IE ITS ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2017-02-20 - 2017-02-21 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英) Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITE-HI 
会議コード 2017-02-CE-MMS-AIT-HI-ME-ITS-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 高輝度レンジ映像視聴時の心理・生理状態の評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Estimation of psychophysiological state during HDR contents viewing 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 心理生理状態 / Physiological and psychological state  
キーワード(2)(和/英) NIRS / NIRS  
キーワード(3)(和/英) 心拍変動 / HR variability  
キーワード(4)(和/英) TV視聴 / TV viewing  
キーワード(5)(和/英) 4KTV / 4KTV  
キーワード(6)(和/英) 4K-HDR / 4K-HDR  
キーワード(7)(和/英) 4K-SDR / 4K-SDR  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 阪本 清美 / Kiyomi Sakamoto / サカモト キヨミ
第1著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 豊 / Yutaka Tanaka / タナカ ユタカ
第2著者 所属(和/英) パナソニック株式会社 (略称: パナソニック)
Panasonic Corporation (略称: Panasonic)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山下 久仁子 / Kuniko Yamashita / ヤマシタ クニコ
第3著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡田 明 / Akira Okada / オカダ アキラ
第4著者 所属(和/英) 大阪市立大学 (略称: 阪市大)
Osaka City University (略称: Osaka City Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-20 11:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITE-HI 
資料番号  
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 IEICE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会