電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-18 11:45
形式概念分析を用いた画像内容の抽象度変化を取り扱うことのできる深層学習
下平勇斗延原 肇筑波大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 画像内容の抽象度の変化を取り扱いを実現するため、形式概念分析を用いた深層学習を提案する。
提案手法は、概念束構築プロセスと情報推薦プロセスからなり、概念束構築プロセスにおいて形式概念分析を用
いることで、画像内容の抽象度変化を取り扱うことができる。提案手法の有効性を示すため、SNS の画像データ
を用いた実験を行い、抽象度表現の可能性と実際の人間の抽象度理解に対する有効性を示す。 
(英) The proposed method consists of a concept lattice construction process and an information recommendation process. The Formal Concept Analysis is used in the concept lattice construction process. In order to show the effectiveness of the proposed method, we demonstrate the possibility of abstraction representation and its effectiveness on real human abstraction level understanding.
キーワード (和) 形式概念分析 / 深層学習 / 情報推薦 / 抽象度 / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 461, PRMU2016-160, pp. 47-52, 2017年2月.
資料番号 PRMU2016-160 
発行日 2017-02-11 (PRMU, CNR) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 PRMU CNR  
開催期間 2017-02-18 - 2017-02-19 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英)  
テーマ(和) 実世界センシングと応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PRMU 
会議コード 2017-02-PRMU-CNR 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 形式概念分析を用いた画像内容の抽象度変化を取り扱うことのできる深層学習 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Formal concept analysis based deep learning for image content abstraction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 形式概念分析 /  
キーワード(2)(和/英) 深層学習 /  
キーワード(3)(和/英) 情報推薦 /  
キーワード(4)(和/英) 抽象度 /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下平 勇斗 / Hayato Shimodaira / シモダイラ ハヤト
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 延原 肇 / Hajime Nobuhara /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-18 11:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PRMU 
資料番号 IEICE-PRMU2016-160,IEICE-CNR2016-27 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.461(PRMU), no.462(CNR) 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PRMU-2017-02-11,IEICE-CNR-2017-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会