お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-18 14:00
データ取引の商用利用のリファレンスモデル
中村 潤芝浦工大)・伊藤龍史SECAI2016-29
抄録 (和) データ取引では、一般に企業Aと企業Bの相対取引もしくは1対Nのやりとりが殆どではないだろか。その中で、自動車業界や医療業界で起こっているN対Nのデータ取引の試行や実務の動向を探り、そこにリファレンスモデルとしての考察をする。個人情報の保護は当然のことながら、その開示への承認行為だけではなく、スケーラブルな便益も同時に示すことで、データ市場への参加の動機付けとなっていることを示す。 
(英) Data transaction might have most likely been relative one, i.e., corporate A versus corporate B, or one to multiple stakeholders. We will overview N versus N transaction in automotive and healthcare industries on how they deal with data transaction in business trial, and seek for some common reference model which is a main point of discussion. As a matter of course personal data shall be secured with owner’s approval to disclose it to others, case study from healthcare implies that possible scalable benefit should be shown for motivation purpose to attract in taking part in the data marketplace.
キーワード (和) データ取引 / ビジネスモデル / 標準化 / セキュリティ技術 / 還元する仕組み / / /  
(英) Data transaction / Business Model / Standardization / Security / System to reimburse beenfit to stakeholders / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 460, AI2016-29, pp. 29-32, 2017年2月.
資料番号 AI2016-29 
発行日 2017-02-11 (AI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード AI2016-29

研究会情報
研究会 AI  
開催期間 2017-02-18 - 2017-02-18 
開催地(和) 就実大学S館 
開催地(英)  
テーマ(和) 「データ市場特集?:コミュニケーションによるデータ価値化とエクスチェンジ」および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AI 
会議コード 2017-02-AI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) データ取引の商用利用のリファレンスモデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reference model in business for data marketplace 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) データ取引 / Data transaction  
キーワード(2)(和/英) ビジネスモデル / Business Model  
キーワード(3)(和/英) 標準化 / Standardization  
キーワード(4)(和/英) セキュリティ技術 / Security  
キーワード(5)(和/英) 還元する仕組み / System to reimburse beenfit to stakeholders  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 潤 / Jun Nakamura / ナカムラ ジュン
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 龍史 / Ryuji Ito /
第2著者 所属(和/英) エスイーシー (略称: SEC)
SEC Corporation (略称: SEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-18 14:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 AI 
資料番号 IEICE-AI2016-29 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.460 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AI-2017-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会