電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-17 10:20
[依頼講演]マルチビームアンテナパターンを考慮したレイトレース法による伝搬解析
芳野真弓杉村独歩水村 慎日本電業工作)・恵比根佳雄ナスカ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本稿では,小無線ゾーンにおける基地局アンテナ高によるマルチビームアンテナの効果について考察するために,レイトレース法による伝搬解析をする.水平面内指向性は,バトラーマトリックス回路による4ビームのマルチビーム指向性とする.基地局アンテナ高は,市街地エリアの平均建物高の高低とする.基地局アンテナからの見通し内(LOS:Line Of Sight)と見通し外(NLOS:Non LOS)において,マルチビームのビーム幅が異なる場合での4ビーム放射したときの受信電力を比較する.解析結果から,LOSでは基地局アンテナ高が平均建物高よりも低くなると,自由空間時の指向性は保存されにくいが,各ビームの指向性の保存の傾向が類似することを示す. 
(英) In this paper,we perform ray tracing propagation analysis considering with multi-beam antenna to investigate the effect of multi-beam antenna due to base station antenna height in small wireless area. The horizontal antenna pattern is considered 4 multi-beams by Butler matrix circuit. The base station antenna height is higher or lower than average building height in urban area. Consideration different beam width cases, we compare received powers in LOS(Line of Sight) or NLOS(Non LOS) from the base station
when 4 multi-beams are radiated. According to the analysis results,when the base station antenna height becomes lower than the average building height in LOS,the antenna pattern in the free space is hard to preserve,however it is shown that the tendency of preserving the antenna patterns of each beam is similar.
キーワード (和) バトラーマトリックス / マルチビームアンテナ / レイトレース法 / 小無線ゾーン / アンテナ高 / / /  
(英) Butler matrix / multi-beam antenna / ray tracing method / small wireless area / antenna height / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-169, pp. 71-76, 2017年2月.
資料番号 AP2016-169 
発行日 2017-02-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 栃木県総合文化センター 
開催地(英) Tochigiken-sougou-bunnka Center 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチビームアンテナパターンを考慮したレイトレース法による伝搬解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Ray Tracing Propagation Analysis by Considering with Multi-Beam Antenna Pattern 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バトラーマトリックス / Butler matrix  
キーワード(2)(和/英) マルチビームアンテナ / multi-beam antenna  
キーワード(3)(和/英) レイトレース法 / ray tracing method  
キーワード(4)(和/英) 小無線ゾーン / small wireless area  
キーワード(5)(和/英) アンテナ高 / antenna height  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 芳野 真弓 / Mayumi Yoshino / ヨシノ マユミ
第1著者 所属(和/英) 日本電業工作株式会社 (略称: 日本電業工作)
Nihon Dengyo Kosaku Co., LTD. (略称: Dengyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉村 独歩 / Doppo Sugimura / スギムラ ドッポ
第2著者 所属(和/英) 日本電業工作株式会社 (略称: 日本電業工作)
Nihon Dengyo Kosaku Co., LTD. (略称: Dengyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 水村 慎 / Makoto Mizumura / ミズムラ マコト
第3著者 所属(和/英) 日本電業工作株式会社 (略称: 日本電業工作)
Nihon Dengyo Kosaku Co., LTD. (略称: Dengyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 恵比根 佳雄 / Yoshio Ebine / エビネ ヨシオ
第4著者 所属(和/英) 有限会社ナスカ (略称: ナスカ)
NAZCA Inc. (略称: NAZCA)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-17 10:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-169 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.71-76 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会