電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-17 10:55
[依頼講演]ミリ波帯伝搬特性評価に向けた高分解能リアルタイムチャネルサウンディングシステムの構築
田中準一柳澤 潔RSJ)・Taro EichlerRS)・Wilhelm KeusgenHHI)・トラン ゴクハオ北尾光司郎今井哲朗NTTドコモ
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 第5世代移動通信システムに向けたミリ波帯の伝搬特性の明確化は重要な課題の1つである.40GHz帯および60GHz帯のミリ波移動通信における広帯域チャネル特性の測定を可能にするために,リアルタイムチャネルサウンディングシステムの構築を行った.提案方式ではミリ波の広帯域の伝搬路特性を高い時間分解能でリアルタイムに解析できる.提案手法の有効性を検証するため,試作機を用いてチャネルサウンダとしての動作検証実験を行い,提案するチャネルサウンディング手法の有効性を確認した. 
(英) To clarify the propagation characteristics in mm-wave is one of most important issues in 5G mobile communication system. In order to utilize 40GHz band and 60GHz band mm-wave for mobile communication, we have developed real-time mm-wave wideband channel sounding system. We confirmed the validity of the proposed system.
キーワード (和) 電波伝搬 / 第5世代移動通信システム / ミリ波 / 準ミリ波 / マイクロ波 / / /  
(英) Propagation / 5G mobile communication system / Millimeter wave / Low millimeter wave / Microwave / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-170, pp. 77-80, 2017年2月.
資料番号 AP2016-170 
発行日 2017-02-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 栃木県総合文化センター 
開催地(英) Tochigiken-sougou-bunnka Center 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波帯伝搬特性評価に向けた高分解能リアルタイムチャネルサウンディングシステムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design of Real-time Channel Sounding System for Characterization of Millimeter-wave Propagation Channel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 電波伝搬 / Propagation  
キーワード(2)(和/英) 第5世代移動通信システム / 5G mobile communication system  
キーワード(3)(和/英) ミリ波 / Millimeter wave  
キーワード(4)(和/英) 準ミリ波 / Low millimeter wave  
キーワード(5)(和/英) マイクロ波 / Microwave  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 準一 / Junichi Tanaka / タナカ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 (略称: RSJ)
Rohde & Schwarz Japan (略称: RSJ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳澤 潔 / Kiyoshi Yanagisawa / ヤナギサワ キヨシ
第2著者 所属(和/英) ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 (略称: RSJ)
Rohde & Schwarz Japan (略称: RSJ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Taro Eichler / Taro Eichler /
第3著者 所属(和/英) Rohde & Schwarz (略称: RS)
Rohde & Schwarz (略称: RS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Wilhelm Keusgen / Wilhelm Keusgen /
第4著者 所属(和/英) Fraunhofer Heinrich Hertz Unstitute (略称: HHI)
Fraunhofer Heinrich Hertz Unstitute (略称: HHI)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) トラン ゴクハオ / Tran Ngochao / トラン ゴクハオ
第5著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT Docomo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 北尾 光司郎 / Koshiro Kitao / キタオ コウシロウ
第6著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT Docomo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 哲朗 / Tetsuro Imai / イマイ テツロウ
第7著者 所属(和/英) 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ (略称: NTTドコモ)
NTT DOCOMO, INC (略称: NTT Docomo)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-17 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-170 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.77-80 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会