お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-17 10:45
ブリルアン散乱を用いた損失測定のための周波数掃引パルスによる音響波励起過程の検討
高橋 央戸毛邦弘鬼頭千尋真鍋哲也NTTOFT2016-52 OPE2016-169 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2016-169
抄録 (和) 我々は、分岐光ファイバの損失測定等において、パルス同士のブリルアン散乱を用いた光ファイバ損失測定法を提案している。実線路で生じる被測定ファイバのブリルアン周波数シフトばらつきによる測定精度劣化に対して、周波数掃引ポンプパルスを用いた高感度な補償方法を提案し、実験的に従来の補償法に対して高感度化を報告した。本稿では、周波数掃引パルスによる動的なブリルアン音響波の励起過程を用いて、ブリルアン散乱を用いた光ファイバ損失測定における感度に与える影響を検討した結果を報告する。 
(英) We have proposed pulsed pump-probe Brillouin optical time domain analysis (ERA-BOTDA) for optical fiber loss measurement. We have also proposed a novel scheme for compensating gain profile variations along cables by using a frequency-swept pump pulse. The proposed scheme adopts a frequency-swept pump pulse for the ERA-BOTDA, in which enhanced sensitivity was experimentally confirmed after compensating for the Brillouin frequency shift (BFS) variation. This paper describes the details of the proposed scheme with a theoretical approach by analyzing the transient dynamics of the acoustic wave intensity during a Brillouin interaction with a frequency swept pump pulse, and presents the designed performance of a Brillouin-based loss measurement technique.
キーワード (和) ブリルアン利得解析 / PON / 損失分布 / 周波数掃引 / / / /  
(英) Brillouin gain analysis / PON / Loss distribution measurement / Frequency-swept pump pulse / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 456, OFT2016-52, pp. 39-44, 2017年2月.
資料番号 OFT2016-52 
発行日 2017-02-09 (OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2016-52 OPE2016-169 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2016-169

研究会情報
研究会 OCS OFT OPE  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 大阪府立大(I-siteなんば) 
開催地(英) Osaka Prefecture University(I-site Nanba) 
テーマ(和) 通信用光ファイバ,光ファイバコード・ケーブル,機能性光ファイバ,空間分割多重(SDM)光ファイバ技術,光接続・コネクタ・配線技術,光インターコネクション,光線路保守監視・試験技術,光ファイバ測定技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2017-02-OCS-OFT-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ブリルアン散乱を用いた損失測定のための周波数掃引パルスによる音響波励起過程の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Transient Dynamics of Brillouin Acoustic Wave on Frequency Swept Pulse for Fiber Loss Monitoring 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ブリルアン利得解析 / Brillouin gain analysis  
キーワード(2)(和/英) PON / PON  
キーワード(3)(和/英) 損失分布 / Loss distribution measurement  
キーワード(4)(和/英) 周波数掃引 / Frequency-swept pump pulse  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 央 / Hiroshi Takahashi / タカハシ ヒロシ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸毛 邦弘 / Kunihiro Toge / トゲ クニヒロ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鬼頭 千尋 / Chihiro Kito / キトウ チヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 哲也 / Manabe Tetsuya / マナベ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-17 10:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2016-52,IEICE-OPE2016-169 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.456(OFT), no.457(OPE) 
ページ範囲 pp.39-44(OFT), pp.49-54(OPE) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OFT-2017-02-09,IEICE-OPE-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会