電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-17 14:00
銅合金上銀めっきの摩耗・摩擦に対する硬度の影響
澤田 滋住友電工)・呉 松竹中川梨絵小笠原 徹八代 仁岩手大)・齋藤 寧オートネットワーク技研R2016-63 EMD2016-90 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2016-90
抄録 (和) 現在、車載用のコネクタでは、HEV/EVの進展、Auめっきの代替としてAgめっきが増加している。Agは導電率がもっとも高く、コネクタ接点用めっきとして優れているが、耐摩耗性については課題がある。そのため、本研究では、Agめっき膜の摩耗メカニズムを明らかにするために、硬度の異なる2種類のAgめっき材を用いて、接点を模擬したエンボス試験片と平板試験片を単一方向の摺動による摩耗試験を実施し、摩擦係数と接触抵抗の挙動を調査した。また、摩耗試験前後のAgめっき試験片に対して、表面観察および断面観察を行い、トライボ膜形成の考察を行った。さらに、往復摺動試験を実施し、耐摩耗性の評価を実施した。
その結果、硬質Agめっきは、一般Agめっき材と比べて、接触抵抗がやや高い傾向となるが、摩擦係数が比較的小さく、摩耗量も少なくことがみられた。また、どちらのAgめっき材も、エンボス側が削られて平板側にはトライボ膜が形成されることとなり、摩耗モードはアブレッシブ摩耗と凝着摩耗の混合型となることが判明した。 
(英) This study is aimed at clarifying the mechanism of wear process for Ag plating with different hardness. The samples of Ag plating on Cu alloys were prepared as coupon and embossment specimens, which simulated terminal contacts. During the sliding test, the contact resistance and the friction coefficient versus sliding distance were measured. The surface observation, surface roughness and worn volume of the Ag films after wear tests were investigated. As results, the hard Ag plating film (120 Hv) exhibited higher contact resistance comparing to the soft Ag plating film (80 Hv). The soft Ag film delivered a larger wear scar on embossment and wider wear trace on coupon specimens compared to the hard one. The overall worn volume of hard Ag film was less than that of soft Ag film, which can be attributed to the fine crystalline structure on hard Ag. Moreover, the observation of tribofilms formed on the Ag films after wear tests suggested that a mixed-type of adhesive and abrasive wears occurred for both of soft and hard Ag films. Furthermore, the hard Ag plating exhibited longer stable region of friction coefficient than the soft one in a linear oscillating fretting test, indicating an enhanced fretting corrosion resistance.
キーワード (和) Agめっき膜 / 硬さ / 摺動摩耗 / コネクタ / 摩擦係数 / 接触抵抗 / 銅合金基板 /  
(英) Connector / silver plating / friction coefficient / contact resistance / sliding friction / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 459, EMD2016-90, pp. 19-24, 2017年2月.
資料番号 EMD2016-90 
発行日 2017-02-10 (R, EMD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード R2016-63 EMD2016-90 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMD2016-90

研究会情報
研究会 EMD R  
開催期間 2017-02-17 - 2017-02-17 
開催地(和) オムロン草津事業所 
開催地(英) Omuron Kusatsu Factory 
テーマ(和) 機構デバイスの信頼性、信頼性一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMD 
会議コード 2017-02-EMD-R 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 銅合金上銀めっきの摩耗・摩擦に対する硬度の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Hardness on Wear and Abrasion Resistance of Silver Plating on Copper Alloy 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Agめっき膜 / Connector  
キーワード(2)(和/英) 硬さ / silver plating  
キーワード(3)(和/英) 摺動摩耗 / friction coefficient  
キーワード(4)(和/英) コネクタ / contact resistance  
キーワード(5)(和/英) 摩擦係数 / sliding friction  
キーワード(6)(和/英) 接触抵抗 /  
キーワード(7)(和/英) 銅合金基板 /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 澤田 滋 / Shigeru Sawada / サワダ シゲル
第1著者 所属(和/英) 住友電気工業株式会社 (略称: 住友電工)
Sumitomo Electric Ltd., (略称: SEI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 呉 松竹 / Song-zhu Kure-chu / クレ ショウチク
第2著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Uni.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中川 梨絵 / Rie Nakagawa / ナカガワ リエ
第3著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Uni.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 小笠原 徹 / Toru Ogasawara / オガサワラ トオル
第4著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Uni.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 八代 仁 / Hitoshi Yashiro / ヤシロ ヒトシ
第5著者 所属(和/英) 岩手大学 (略称: 岩手大)
Iwate University (略称: Iwate Uni.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 齋藤 寧 / Yasushi Saitoh /
第6著者 所属(和/英) 株式会社オートネットワーク技術研究所 (略称: オートネットワーク技研)
AutoNetworks Technologies, Ltd. (略称: AN-Tech)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-17 14:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EMD 
資料番号 IEICE-R2016-63,IEICE-EMD2016-90 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.458(R), no.459(EMD) 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-R-2017-02-10,IEICE-EMD-2017-02-10 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会