電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-17 09:55
[依頼講演]3GHz帯における車載指向性アンテナを用いた伝搬測定
宮下真行豊見本和馬山口 良中島潤一マイティ ソウラブ三上 学吉野 仁SB
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,超高速通信,高信頼・低遅延通信,多数接続IoT通信を目標とした5Gの研究が盛んに行われている.高信頼・低遅延通信に着目すると携帯電話通信網を活用した自動運転技術が注目されている.著者らはドップラシフトに角度依存性があることに着目し,ダイバーシチブランチとして指向性アンテナを適用し,走行試験を行った.その結果,オムニアンテナと比較してSIR特性がほとんど同等の特性であることを確認した.本稿では,3GHz帯において2つの指向性アンテナを車両の進行方向に対して,前後方向と左右方向に取り付けた場合のドップラシフト特性の測定を行い,ドップラスプレッドが低減することを測定により確認する.測定結果より,指向性アンテナを左右方向に取り付けることにより,前後方向の場合と比較して,ドップラスプレッドが低減できることを確認した. 
(英) Recently, 5G research aiming at Ultra Mobile Broadband Communication, Ultra-Reliable and Low-Latency Communication, massive Machine-Type Communication has been actively studied. Focusing on Ultra-Reliable and Low-Latency Communication, autonomous vehicle technology utilizing a cellular network has attracted attention. The authors focused on the fact that the Doppler shift has an angle dependency, applied a directional antenna as a diversity branch, and carried out the propagation measurements. As a result, it was confirmed that the SIR characteristics are almost equivalent as compared with the omni antenna. In this paper, we measure the Doppler shift characteristics when two directional antennas are installed in the front / back direction and the left / right direction with respect to the traveling direction of the vehicle at the 3 GHz band, and confirm that the Doppler spread decreases by measurements. From the measurement results, it was confirmed that the Doppler spread can be reduced by attaching the directional antenna in the left / right direction as compared with the case in the front / back direction.
キーワード (和) 5G / 自動運転技術 / 車載アンテナ / 指向性アンテナ / ドップラシフト / / /  
(英) 5G / autonomous vehicle technology / vehicle antenna / directional antenna / Doppler shift / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-168, pp. 67-70, 2017年2月.
資料番号 AP2016-168 
発行日 2017-02-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 栃木県総合文化センター 
開催地(英) Tochigiken-sougou-bunnka Center 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 3GHz帯における車載指向性アンテナを用いた伝搬測定 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Propagation Measurements by Using Directional Vehicle Antenna at 3 GHz Band 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 5G / 5G  
キーワード(2)(和/英) 自動運転技術 / autonomous vehicle technology  
キーワード(3)(和/英) 車載アンテナ / vehicle antenna  
キーワード(4)(和/英) 指向性アンテナ / directional antenna  
キーワード(5)(和/英) ドップラシフト / Doppler shift  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 真行 / Masayuki Miyashita / ミヤシタ マサユキ
第1著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: SB)
SoftBank (略称: SB)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊見本 和馬 / Kazuma Tomimoto / トミモト カズマ
第2著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: SB)
SoftBank (略称: SB)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 良 / Ryo Yamaguchi / ヤマグチ リョウ
第3著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: SB)
SoftBank (略称: SB)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 潤一 / Junichi Nakajima / ナカジマ ジュンイチ
第4著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: SB)
SoftBank (略称: SB)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) マイティ ソウラブ / Sourabh Maiti / マイティ ソウラブ
第5著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: SB)
SoftBank (略称: SB)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 三上 学 / Manabu Mikami / ミカミ マナブ
第6著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: SB)
SoftBank (略称: SB)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉野 仁 / Hitoshi Yoshino / ヨシノ ヒトシ
第7著者 所属(和/英) ソフトバンク (略称: SB)
SoftBank (略称: SB)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-17 09:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-168 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.67-70 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-AP-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会