お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-16 15:55
位相比較周波数掃引光干渉法による数モード光ファイバのDMD測定の高分解能化
大野槙悟飯田大輔戸毛邦弘真鍋哲也NTTOFT2016-47 OPE2016-163 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2016-163
抄録 (和) モード多重伝送路を評価する上でモード間遅延時間差(DMD)は重要な指標の一つであり,DMDの小さい伝送路を正確に評価するには高分解能なDMD測定法が必要である.高分解能な測定法として周波数掃引光干渉法(FMCW法)があるが,周波数掃引に広帯域を要するため,DMDの波長依存性が大きい場合正確な評価が困難になる.そこで本稿では,従来よりも狭帯域で高分解能を実現するDMD測定法を提案し,実験的に確認した結果を報告する.また,提案法において課題となるモード結合の影響とその低減方法についても述べる. 
(英) Differential mode delay (DMD) is an important parameter to characterize mode division multiplexing transmission lines, and high-resolution DMD measurements are required for low-DMD lines. In the recent studies, the DMD has been measured with a high resolution by using a frequency-swept continuous wave (FMCW) interferometry. However, the FMCW method requires a wide band to sweep the optical frequency, resulting in the difficulty in the characterization of the transmission lines where the DMDs largely depend on the optical wavelength. In this paper, we propose a new method to measure the DMD with a high resolution and narrow band. We also describe the influence of mode coupling in the proposed method and demonstrate a mitigation of the influence.
キーワード (和) 数モードファイバ / DMD / FMCW / / / / /  
(英) Few-mode fiber / DMD / FMCW / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 456, OFT2016-47, pp. 15-18, 2017年2月.
資料番号 OFT2016-47 
発行日 2017-02-09 (OFT, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OFT2016-47 OPE2016-163 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2016-163

研究会情報
研究会 OCS OFT OPE  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 大阪府立大(I-siteなんば) 
開催地(英) Osaka Prefecture University(I-site Nanba) 
テーマ(和) 通信用光ファイバ,光ファイバコード・ケーブル,機能性光ファイバ,空間分割多重(SDM)光ファイバ技術,光接続・コネクタ・配線技術,光インターコネクション,光線路保守監視・試験技術,光ファイバ測定技術,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OFT 
会議コード 2017-02-OCS-OFT-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 位相比較周波数掃引光干渉法による数モード光ファイバのDMD測定の高分解能化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-resolution measurement of differential mode delay of few-mode fiber using phase-comparing FMCW 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 数モードファイバ / Few-mode fiber  
キーワード(2)(和/英) DMD / DMD  
キーワード(3)(和/英) FMCW / FMCW  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 槙悟 / Shingo Ohno / オオノ シンゴ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯田 大輔 / Daisuke Iida / イイダ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸毛 邦弘 / Kunihiro Toge / トゲ クニヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 真鍋 哲也 / Tetsuya Manabe / マナベ テツヤ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-16 15:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OFT 
資料番号 IEICE-OFT2016-47,IEICE-OPE2016-163 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.456(OFT), no.457(OPE) 
ページ範囲 pp.15-18(OFT), pp.21-24(OPE) 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-OFT-2017-02-09,IEICE-OPE-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会