電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-16 15:50
電磁波解析におけるヘルツベクトル手法の問題点 ~ アンテナ解析への影響 ~
高橋秀臣城所数値解析耐雷研
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 電磁波解析に於いてヘルツベクトル手法は厳密に正しく、いささかの問題点も存在しないと言われているのは周知の所である.しかしながら、著者はかかる通説に疑問があることを見出したので無限長電流源を用いて理論とシミュレーションで解析し問題点を明らかにする.さらには、現在のアンテナ解析への影響についてダイポールアンテナを対象として解明し、遅れ電流効果が近傍作用に大きく影響することも明らかにする. 
(英) The Herz vector method is thought to be correct strictly and used widely on electromagnetic wave analysis. However, the author finds some problems in that method, therefore he clarifies the problems by theoretical analysis and simulation with an infinitely long current source. Moreover, he considers influences about antenna analysis by using a dipole antenna.
キーワード (和) 電磁波解析 / ヘルツベクトル手法 / 無限長電流源 / 遅れ電流効果 / シミュレーション / アンテナ / /  
(英) Elctromgnetic Wave Analysis / Herz Vector Method / Infinitely Long Current Source / Delay Current Effect / Simulation / Antenna / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-165, pp. 49-54, 2017年2月.
資料番号 AP2016-165 
発行日 2017-02-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 栃木県総合文化センター 
開催地(英) Tochigiken-sougou-bunnka Center 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電磁波解析におけるヘルツベクトル手法の問題点 
サブタイトル(和) アンテナ解析への影響 
タイトル(英) A problem of Herz vector method on electromagntic wave analysis 
サブタイトル(英) Influences on Antenna Analysis 
キーワード(1)(和/英) 電磁波解析 / Elctromgnetic Wave Analysis  
キーワード(2)(和/英) ヘルツベクトル手法 / Herz Vector Method  
キーワード(3)(和/英) 無限長電流源 / Infinitely Long Current Source  
キーワード(4)(和/英) 遅れ電流効果 / Delay Current Effect  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(6)(和/英) アンテナ / Antenna  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 秀臣 / Hideomi Takahashi / タカハシ ヒデオミ
第1著者 所属(和/英) 城所数値解析耐雷研究室 (略称: 城所数値解析耐雷研)
Kidokoro Numerical Analysis Anti-Lightning Laboratory (略称: Kidokro Labo.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-16 15:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-165 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.49-54 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会