電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-16 15:15
バイラテラルOTAのための基地局MIMOアンテナ4×4相関行列の実装方法
本田和博李 鯤小川晃一富山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 本論文では,バイラテラルOTA装置を用いて上り回線における端末性能評価を行う際の基地局MIMOアンテナの4×4相関行列特性を実装する方法について提案する.まず,上り回線における基地局相関のモデル化について述べる.次に,Jakesモデルを用いて基地局アンテナの4×4相関行列を実装する2次元周辺散乱モデルの周辺散乱体の初期位相を設定する方法について述べる.4×4 MIMOアレーアンテナ(基地局4素子-端末4素子)のモンテカルロ解析を行った結果,上り回線において想定される基地局相関特性と解析結果がほぼ一致することがわかった.この結果,提案手法を用いることによって意図する基地局相関を実現できることが明らかとなった. 
(英) This paper presents an implementation method of 4×4 correlation matrix of base station MIMO antenna when the evaluation of a handset MIMO antenna in consideration of uplink channel properties is carried out using a bilateral OTA. Firstly, the implementation model for realizing the base station correlation in uplink channel is described. Then, a methodology for achieving a 4×4 correlation matrix of a base station MIMO antenna base on the Jakes theory is introduced by setting the initial phases of scatterers in the two-dimensional channel model. The analysis of the channel capacity using a 4×4 MIMO array antenna (4 elements in base station – 4 elements in mobile terminal) is carried out. The results show that the analyzed correlation coefficient of uplink channel agrees well with the expected base station correlation characteristic, confirming the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) バイラテラルOTA / 4×4相関行列 / Jakesモデル / 初期位相 / / / /  
(英) Bilateral OTA / 4×4 Correlation Matrix / Jakes Model / Initial Phase / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-164, pp. 43-48, 2017年2月.
資料番号 AP2016-164 
発行日 2017-02-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 栃木県総合文化センター 
開催地(英) Tochigiken-sougou-bunnka Center 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) バイラテラルOTAのための基地局MIMOアンテナ4×4相関行列の実装方法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Implementation Method of 4×4 Correlation Matrix of Base Station MIMO Antenna for Bilateral OTA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) バイラテラルOTA / Bilateral OTA  
キーワード(2)(和/英) 4×4相関行列 / 4×4 Correlation Matrix  
キーワード(3)(和/英) Jakesモデル / Jakes Model  
キーワード(4)(和/英) 初期位相 / Initial Phase  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 本田 和博 / Kazuhiro Honda / ホンダ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 鯤 / Kun Li / リ コン
第2著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 晃一 / Koichi Ogawa / オガワ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 富山大学 (略称: 富山大)
Toyama University (略称: Toyama Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-16 15:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-164 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会