電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-02-16 13:00
[依頼講演]パルスドップラーレーダへの時間変調アレーアンテナの適用検討
松木 誠紀平一成山口 聡大塚昌孝深沢 徹宮下裕章三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) フェーズドアレーアンテナにおいて求められる性能として低サイドローブ特性がある.この特性を低コストで実現する技術として著者らは移相器制御型時間変調アレーアンテナを提案している.これは時分割で各素子アンテナの励振位相を制御し,得られた信号を時間平均することにより等価的に素子アンテナの励振振幅を制御し,所望の放射パターンを得る技術である.これまでの検討ではフェーズドアレーアレーアンテナ単体の低サイドローブ化が主な目的であり,レーダシステムへの応用には言及していなかった.本報告では応用例の1つとして,パルスドップラーレーダへの時間変調アレーアンテナの適用検討について報告する.計算機シミュレーションにより,時間変調アレー適用によるクラッタ(不要波)成分の抑圧効果および適用可能な範囲を示す. 
(英) A low side lobe level pattern in a phased array antenna is desired for the radar systems. The phase shifter control type time modulated array antenna has been studied to achieve low side lobe pattern at low cost. Desired pattern can be accomplished in a time average procedure by temporally controlling of each element phase. In conventional work, this technique has been mainly applied to phased array antenna for reduction of the sidelobe levels. From a practical point of view, this paper take into account the application for the radar system. In this paper, it is presented that a study on application of the time modulated array antenna to the pulse doppler radar system. The effectiveness of applied the time modulated array antenna for the pulse doppler radar is demonstrated by computer simulation.
キーワード (和) パルスドップラーレーダ / フェーズドアレーアンテナ / 時間変調アレーアンテナ / 不要波抑圧 / / / /  
(英) Pulse Doppler Radar / Phased Array Antenna / Time Modulated Array Antenna / Suppression of Clutter / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 454, AP2016-159, pp. 17-22, 2017年2月.
資料番号 AP2016-159 
発行日 2017-02-09 (AP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 AP  
開催期間 2017-02-16 - 2017-02-17 
開催地(和) 栃木県総合文化センター 
開催地(英) Tochigiken-sougou-bunnka Center 
テーマ(和) 企業特集,一般 
テーマ(英) Industrial Session, Antennas and Propagation 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AP 
会議コード 2017-02-AP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パルスドップラーレーダへの時間変調アレーアンテナの適用検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Application of Time Modulated Array Antenna to Pulse Doppler Radar 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パルスドップラーレーダ / Pulse Doppler Radar  
キーワード(2)(和/英) フェーズドアレーアンテナ / Phased Array Antenna  
キーワード(3)(和/英) 時間変調アレーアンテナ / Time Modulated Array Antenna  
キーワード(4)(和/英) 不要波抑圧 / Suppression of Clutter  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松木 誠 / Makoto Matsuki / マツキ マコト
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corporation)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 紀平 一成 / Kazunari Kihira / キヒラ カヅナリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corporation)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 聡 / Satoshi Yamaguchi / ヤマグチ サトシ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corporation)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大塚 昌孝 / Masataka Otsuka / オオツカ マサタカ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corporation)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 深沢 徹 / Toru Fukasawa / フカサワ トオル
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corporation)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 裕章 / Hiroaki Miyashita / ミヤシタ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corporation)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-02-16 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 AP 
資料番号 IEICE-AP2016-159 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.454 
ページ範囲 pp.17-22 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-AP-2017-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会