電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-30 16:15
完全相補系列系を用いた情報ハイディング方式のバリエーションに関する一考察
小嶋徹也東京高専
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 完全相補系列系は理想的な相関特性を有する有限長スペクトル拡散系列の集合であり,この特性を活用した情報ハイディング方式が提案されている.本方式には,メッセージの変調方法やカバーオブジェクトへの影響などを考慮した改良方式など,いくつかのバリエーションが存在する.本方式の特徴としては,メッセージを変調する際,単一の拡散系列を用いて直接拡散変調を行ない,埋め込みビット毎にこれをオーバーラップさせて埋め込み系列を構成する点が挙げられる.本報告では,このようなバリエーションのうち,埋め込み容量や抽出精度を極力劣化させず,ステゴ画像の品質を向上させる画像データハイディング方式を紹介する.また,同様に信号をオーバーラップさせて情報の埋め込みを行なう電子指紋方式との比較も行なう. 
(英) Complete complementary code (CCC) is a spread spectrum sequence family with good correlation properties. Information hiding schemes based on CCC has been proposed and applied into image and audio signals. There are some variations in the proposed information hiding approach based on CCC in terms of modulation method, the effect on the cover objects, and so on. In all of such variations, the embedded signal is constructed by overlapping the signals for each embedded bit that is modulated by a conventional DS-SS modulation scheme with a sequence generated by components of CCC. In this report, we introduce an image data hiding strategy that can improve the stego image quality without decreasing the quantity of the embedded secret data without any bit errors in the extraction of the embedded message. In the literature, there is a digital fingerprinting scheme that overlaps the modulated signals for each embedded bit in a similar way as the proposed data hiding scheme by using CCC. This paper includes the discussions on the comparison between these schemes from the viewpoint of the modulation strategies.
キーワード (和) 画像データハイディング / 完全相補系列系 / 直接拡散 / 相関特性 / 電子指紋 / / /  
(英) image data hiding / complete complementary code / direct spreading / correlation property / digital fingerprinting / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 449, EMM2016-79, pp. 31-36, 2017年1月.
資料番号 EMM2016-79 
発行日 2017-01-23 (EMM) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 EMM  
開催期間 2017-01-30 - 2017-01-31 
開催地(和) 東北大学 電気通信研究所 
開催地(英) Tohoku University (Miyagi) 
テーマ(和) 臨場感生成,ユニバーサルメディア,ディジタルエンタテインメン,一般 
テーマ(英) Sense of Presence, Universal Media, Digital Entertainment, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMM 
会議コード 2017-01-EMM 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) 完全相補系列系を用いた情報ハイディング方式のバリエーションに関する一考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On Some Variations of Information Hiding Strategies Based on Complete Complementary Codes 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像データハイディング / image data hiding  
キーワード(2)(和/英) 完全相補系列系 / complete complementary code  
キーワード(3)(和/英) 直接拡散 / direct spreading  
キーワード(4)(和/英) 相関特性 / correlation property  
キーワード(5)(和/英) 電子指紋 / digital fingerprinting  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小嶋 徹也 / Tetsuya Kojima / コジマ テツヤ
第1著者 所属(和/英) 東京工業高等専門学校 (略称: 東京高専)
National Institute of Technology, Tokyo College (略称: NIT, Tokyo College)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-30 16:15:00 
発表時間 30 
申込先研究会 EMM 
資料番号 IEICE-EMM2016-79 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.449 
ページ範囲 pp.31-36 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-EMM-2017-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会