お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 15:47
長残光用SrAl2O4:Eu,Dy蛍光体の劣化機構
大川雅人小南裕子中西洋一郎原 和彦静岡大EID2016-38 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2016-38
抄録 (和) 蓄光顔料SrAl2O4:Eu,Dyを含む3種類の長残光用蛍光体を浸水曝露し、水分および熱による劣化と発光特性の変化について検討を行った。その結果、SrAl2O4:Eu,Dy蛍光体は著しい劣化を示し、1時間程度の曝露において組成が分解し、水酸化物Sr3Al2(OH)12が形成されることが明らかとなった。劣化の原因は、熱によって活性化した表面に水分が吸着することにより分解が促進されためと考えられる。他の蛍光体においては、曝露後も大きな変化は見られず、Sr周りの結晶構造や表面状態に大きく起因する可能性が示唆された。以上より、SrAl2O4系蛍光体の劣化を抑制するための手法としては、表面のSr露出を低減させることが有用であると考えられる。 
(英) Three kinds of long afterglow phosphors such as SrAl2O4:Eu,Dy were exposed to water, and the deterioration caused by moisture and heating and luminescent characteristics of phosphors were investigated. It was found that SrAl2O4 showed remarkable deterioration and some kinds of hydroxide such as Sr3Al2(OH)12 was formed even in the case of exposure for about 1 hour. The reason for the deterioration was the decomposition promoted by adsorption of moisture on the surface activated by heating. It was suggested that it is useful to reduce Sr atom existence on the surface.
キーワード (和) 長残光蛍光体 / SrAl2O4:Eu,Dy / Sr4Al14O25:Eu,Dy / MgSr2Si2O7:Eu,Dy / Sr3Al2(OH)12 / / /  
(英) Afterglow phosphor / SrAl2O4:Eu,Dy / Sr4Al14O25:Eu,Dy / MgSr2Si2O7:Eu,Dy / Sr3Al2(OH)12 / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 430, EID2016-38, pp. 53-56, 2017年1月.
資料番号 EID2016-38 
発行日 2017-01-19 (EID) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EID2016-38 エレソ技報アーカイブへのリンク:EID2016-38

研究会情報
研究会 EID ITE-IDY IEE-EDD IEIJ-SSL SID-JC  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 徳島大学 
開催地(英) Tokushima Univ. 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英) Joint Meeting of Emissive/Non-emissive Displays 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EID 
会議コード 2017-01-EID-IDY-EDD-SSL-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 長残光用SrAl2O4:Eu,Dy蛍光体の劣化機構 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Degradation mechanism of SrAl2O4:Eu,Dy phosphor for afterglow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 長残光蛍光体 / Afterglow phosphor  
キーワード(2)(和/英) SrAl2O4:Eu,Dy / SrAl2O4:Eu,Dy  
キーワード(3)(和/英) Sr4Al14O25:Eu,Dy / Sr4Al14O25:Eu,Dy  
キーワード(4)(和/英) MgSr2Si2O7:Eu,Dy / MgSr2Si2O7:Eu,Dy  
キーワード(5)(和/英) Sr3Al2(OH)12 / Sr3Al2(OH)12  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大川 雅人 / Masato Ohkawa / オオカワ マサト
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小南 裕子 / Hiroko Kominami / コミナミ ヒロコ
第2著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中西 洋一郎 / Yoichiro Nakanishi / ナカニシ ヨウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原 和彦 / Kazuhiko Hara / ハラ カズヒコ
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 15:47:00 
発表時間
申込先研究会 EID 
資料番号 IEICE-EID2016-38 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.430 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-EID-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会