電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 13:00
一周波キネマティック測位における後処理並列演算に関する研究
因 紘生羽多野裕之藤井雅弘伊藤 篤渡辺 裕宇都宮大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 移動体の高精度位置推定手法としてキネマティック測位が注目されている.キネマティック測位では測位演算におけるパラメータによって,FIX率が大きく変動する.また特に,FIX解の中には誤FIX解も含まれる.本稿では,誤FIX解の特徴に着目し,速度情報と標高情報による誤FIX解の除去手法について提案する.さらに,パラメータが異なる測位を並列化する.誤FIX解の除去と並列化の統合により,正FIX率の向上と誤FIX率の低減が可能な手法を提案する.本稿では,低価格化が進んでいる1周波受信機と実際の車両走行データを用いて,提案手法の有効性とその適用範囲について示す. 
(英) Kinematic positioning has been attracting attention as a high--precision position estimation method of moving objects.However, the acquisition rate of FIX solutions fluctuates according to positioning parameters in the kinematic positioning.Especially, the FIX solutions include false FIX solutions.In this paper,we will focus on the characteristics of the false FIX solutions and will propose the elimination method of the false FIX solutions by speed and altitude information.Further, in order to get better FIX solutions, we will parallelize positioning processes which have different positioning parameters.In this paper, we will present the improvement of the true FIX solutions and the reduction of the false FIX solutions by integrating the elimination of the false the FIX solutions with the parallelized processings.We will show the ability and the applicable range of the proposal by actual data of a single frequency receiver whose cost is low.
キーワード (和) キネマティック測位 / GNSS / 位置推定 / 気圧計 / ドップラ周波数 / 高度交通システム / /  
(英) Kinematic / GNSS / Localization / Barometer / Doppler frequency / ITS / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 427, SANE2016-99, pp. 19-24, 2017年1月.
資料番号 SANE2016-99 
発行日 2017-01-19 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2017-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 一周波キネマティック測位における後処理並列演算に関する研究 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Post Parallelizad Procesing for Single Frequency Kinematic Positioning 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) キネマティック測位 / Kinematic  
キーワード(2)(和/英) GNSS / GNSS  
キーワード(3)(和/英) 位置推定 / Localization  
キーワード(4)(和/英) 気圧計 / Barometer  
キーワード(5)(和/英) ドップラ周波数 / Doppler frequency  
キーワード(6)(和/英) 高度交通システム / ITS  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 因 紘生 / Hriomi In / イン ヒロミ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽多野 裕之 / Hiroyuki Hatano / ハタノ ヒロユキ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 雅弘 / Masahiro Fujii / フジイ マサヒロ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 篤 / Atsushi Ito / イトウ アツシ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡辺 裕 / Yu Watanabe / ワタナベ ユウ
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-99 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.427 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会