電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-26 11:20
周波数で目標分離するレーダ方式における複数レーダ受信信号の合成方式
粟津英行加藤泰典高橋龍平高橋 徹田崎裕久三菱電機
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 単一のレーダの探知可能距離は,レーダ送信電力,受信機感度及び目標のレーダ反射断面積等によって決まるが,本稿では,複数のレーダを利用してレーダ送信電波の目標からの反射電波を受信し,受信信号を最大比合成することで単一のレーダよりも遠距離で目標を探知可能できる方式を提案する.また,複数のレーダ以外のセンサ等からの目標に関する情報を利用することで,誤って雑音信号を目標として探知することを低減する.本方式をシミュレーション評価及び実験評価し,提案方式の有効性を示す. 
(英) Detection distance of radar depends on radar transmission power, radar receiver sensitivity, and RCS of target. In this paper, we propose a new method, which can extends detection distance of radar. The proposed method utilizes multiple radars and combines received signals of each radars. Furthermore utilizing the target information from the other sensor to mitigate the probability of missed detection. Through computer simulation results and experiment results, we confirm the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) レーダ / 最大比合成 / センサフュージョン / FMCW / / / /  
(英) Radar / MRC / Sensor Fusion / FMCW / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 427, SANE2016-98, pp. 13-18, 2017年1月.
資料番号 SANE2016-98 
発行日 2017-01-19 (SANE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 SANE  
開催期間 2017-01-26 - 2017-01-27 
開催地(和) 長崎県美術館 
開催地(英) Nagasaki Prefectural Art Museum 
テーマ(和) 測位・航法,レーダ及び一般 
テーマ(英) Positioning, navigation, Radar and general 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SANE 
会議コード 2017-01-SANE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数で目標分離するレーダ方式における複数レーダ受信信号の合成方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Studies on Combining Multiple Received Signals of Radar to Detect by Beat Frequency 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) レーダ / Radar  
キーワード(2)(和/英) 最大比合成 / MRC  
キーワード(3)(和/英) センサフュージョン / Sensor Fusion  
キーワード(4)(和/英) FMCW / FMCW  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 粟津 英行 / Hideyuki Awazu / アワヅ ヒデユキ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 泰典 / Yasunori Kato / カトウ ヤスノリ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 龍平 / Ryuhei Takahashi / タカハシ リュウヘイ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 高橋 徹 / Toru Takahashi / タカハシ トオル
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 田崎 裕久 / Hirohisa Tasaki / タサキ ヒロヒサ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-26 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SANE 
資料番号 IEICE-SANE2016-98 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.427 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SANE-2017-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会