電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-25 09:00
自然エネルギーによる低電力リコンフィギュアラブルアクセラレータの動作
畔上佳太増山滉一朗奥原 颯天野英晴慶大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) センサシステム等の環境埋め込み型デバイスでは、太陽光や振動等の自然エネルギーの活用が望ましい。
しかし、太陽電池などの不安定な電源は内部抵抗が大きく、大規模なデバイスに活用することが難しくによって利用
出来る先が限られていた。日本の国家プロジェクト LEAP より開発された SOTB テクノロジは低電力・低電圧を特徴
としたトランジスタで、ボディバイアスによるリーク電力の抑制効果が高く、このような限られた電源においても大
規模なデジタルデバイスの運用を可能とする。自然再生エネルギーを用いる場合、電源電圧やボディバイアスの最適
化に用いられる従来の式は大きな内部抵抗を考慮したものではなく、そのまま用いることが困難である。本稿では、
内部抵抗を考慮した電源電圧・ボディバイアスの最適化を提案する。また、提案手法を粗粒度再構成可能アクセラレー
タの実チップに適用し、実際に動作が可能である点を解析した。 
(英)
キーワード (和) 自然エネルギー / 低電力 / リコンフィギュアラブルアクセラレータ / ボディバイアス / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 416, CPSY2016-130, pp. 159-164, 2017年1月.
資料番号 CPSY2016-130 
発行日 2017-01-16 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY RECONF VLD IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2017-01-23 - 2017-01-25 
開催地(和) 慶大日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio Univ. 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2017-01-CPSY-RECONF-VLD-SLDM-ARC 
本文の言語 日本語(英語タイトルなし) 
タイトル(和) 自然エネルギーによる低電力リコンフィギュアラブルアクセラレータの動作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英)  
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自然エネルギー /  
キーワード(2)(和/英) 低電力 /  
キーワード(3)(和/英) リコンフィギュアラブルアクセラレータ /  
キーワード(4)(和/英) ボディバイアス /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 畔上 佳太 / / アゼガミ ケイタ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
(略称: )
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 増山 滉一朗 / / マスヤマ コウイチロウ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥原 颯 / / オクハラ ハヤテ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / / アマノ ヒデハル
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-25 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2016-94,IEICE-CPSY2016-130,IEICE-RECONF2016-75 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.415(VLD), no.416(CPSY), no.417(RECONF) 
ページ範囲 pp.159-164 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2017-01-16,IEICE-CPSY-2017-01-16,IEICE-RECONF-2017-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会