電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-25 10:30
散乱特性に着目した皮膚潰瘍のエコー信号解析法の検討
大村眞朗吉田憲司秋田新介山口 匡千葉大US2016-86
抄録 (和) 皮膚潰瘍の治癒状況や感染発症の有無を非侵襲かつ定量的に診断する手法が求められている.新規診断法の可能性として,超音波による組織性状診断技術の応用を検討しており,その定量診断技術の基礎となる信号解析法を検討した.信号解析法として生体組織の散乱特性を考慮した統計分布を用い,エコー信号の振幅分布を数学モデル化することで,皮膚潰瘍からのエコー信号の散乱特性を評価した.さらに,組織病理学的評価により組織の空間的特徴を観察し,主に非感染および感染組織の構造に着目した.動物実験について,臨床用の超音波診断装置と中心周波数8.9 MHZのリニアアレイプロープを用いて,皮膚潰瘍を有する3種のラットモデル(非感染・表層感染・深層感染モデル)からのRFエコー信号を取得した.まず,実測と推定された統計分布間の一致度を評価することで,数学モデル化精度の高い統計分布を確認した.さらに,数学モデル化精度の高い統計分布のパラメータを用いて,非感染および感染組織の差を指標化した.結果,感染をモデル化したラットにおいてのみ,干渉信号のパワーに関係する統計分布のパラメータが感度を示し,そのパラメータの空間分布の特徴は,対応する断面の組織病理像の特徴と一致した. 
(英) The noninvasive and quantitative diagnosis method of skin ulcer is strongly required in medical filed. One of the key topics for this occur is the tissue characterization by ultrasound. In this study, we evaluated the echo signal analysis method for the basis of quantitative ultrasound diagnosis. To evaluate the scattering characteristics in skin ulcer tissues, the amplitude envelope distribution of the backscattered RF echo signal was modeled using statistical distributions considered a scattering in a biological tissue. Moreover, we observed the histopathological image to understand the difference of the histological structure between noninfection and infection tissues. The RF echo signals were acquired using a clinical ultrasonic diagnostic system with a linear phased array transducer those center frequency is 8.9 MHz, and were measured from three skin ulcer models in rats (noninfection, superficial infection, and deep infection model). Firstly, the goodness-of-fit was calculated between the amplitude envelope distribution of measured and of computed data. Thus, we confirmed the most suitable statistical distribution for modeling the echo signals from skin ulcers. Additionally, the difference between noninfection and infection tissues was indicated characterizing the parameter of the above statistical distribution. In result, the statistical distribution parameter related with the coherent signal power was shown only in the infection model rats. Moreover, the spatial distribution of the parameter was matched the feature of the corresponding pathological image.
キーワード (和) 散乱特性 / エコー信号解析 / 統計分布 / 皮膚潰瘍 / 細菌感染 / / /  
(英) backscattering / echo signal analysis / statistical distributions / skin ulcers / bacterial infection / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 419, US2016-86, pp. 73-78, 2017年1月.
資料番号 US2016-86 
発行日 2017-01-18 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード US2016-86

研究会情報
研究会 EA US  
開催期間 2017-01-25 - 2017-01-26 
開催地(和) 同志社大学 室町キャンパス 寒梅館 
開催地(英) Doshisha Univ. 
テーマ(和) <音響・超音波サブソサイエティ合同研究会>応用/電気音響,超音波,一般 
テーマ(英) [Joint Meeting on Acoustics and Ultrasonics Subsociety] Engineering/Electro Acoustics, Ultrasonic and Underwater Acoustics, and Related Topics 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2017-01-EA-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 散乱特性に着目した皮膚潰瘍のエコー信号解析法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysisof backscattered echo signal from skin ulcers 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 散乱特性 / backscattering  
キーワード(2)(和/英) エコー信号解析 / echo signal analysis  
キーワード(3)(和/英) 統計分布 / statistical distributions  
キーワード(4)(和/英) 皮膚潰瘍 / skin ulcers  
キーワード(5)(和/英) 細菌感染 / bacterial infection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大村 眞朗 / Masaaki Omura / オオムラ マサアキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 憲司 / Kenji Yoshida / ヨシダ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 新介 / Shinsuke Akita / アキタ シンスケ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 匡 / Tadashi Yamaguchi /
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-25 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2016-86 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.419 
ページ範囲 pp.73-78 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2017-01-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会