電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-25 14:00
FPGA NICを用いたブロックチェーン分散型台帳のキャッシング
榊原優真中村幸平慶大)・松谷宏紀慶大/JST/NII
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年、金融業界を中心に仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンに注目が集まっている。ブロックチェーンは、特定の管理者を必要としない分散型台帳ネットワークで、耐障害性があり、従来のシステムよりもコストを削減できる可能性があるため、今後の普及が見込まれている。デジタル資産の取引をトランザクションと呼ぶが、ブロックチェーンは全てのトランザクションを保持する必要があるため、ブロックチェーンを構成するデータ量は時間の経過とともに増加していく。
一方、近年ではIoT技術の普及が進み、スマートフォンやドローンのような計算資源の乏しいIoTデバイスの数が増加している。IoTデバイスは計算資源の制約から、全てのブロックチェーンデータを持つことは難しいので、サーバを介してブロックチェーンネットワークに参加する。したがって今後は、より多くのIoTデバイスからのリクエストによって、サーバの負担が大きくなることが考えられる。
そこで本論文では、FPGA NIC 上の RLDRAM にブロックチェーンデータの一部をキャッシュし、サーバの代わりにIoTデバイスにレスポンスすることを提案する。これによりサーバで行う処理の一部を FPGA NIC が行うためサーバへの負担を軽減できる。サーバで処理した場合に比べてキャッシュにヒットした場合、スループットは6.73倍から7.45倍の向上を果たした。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) FPGA / ブロックチェーン / キャッシュ / 分散データベース / IoT / / /  
(英) FPGAs / Blockchain / Cache / Distributed databases / IoT / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 416, CPSY2016-135, pp. 203-208, 2017年1月.
資料番号 CPSY2016-135 
発行日 2017-01-16 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 CPSY RECONF VLD IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2017-01-23 - 2017-01-25 
開催地(和) 慶大日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio Univ. 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2017-01-CPSY-RECONF-VLD-SLDM-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FPGA NICを用いたブロックチェーン分散型台帳のキャッシング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An FPGA NIC Based Distributed Ledger Caching for Blockchain 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPGA / FPGAs  
キーワード(2)(和/英) ブロックチェーン / Blockchain  
キーワード(3)(和/英) キャッシュ / Cache  
キーワード(4)(和/英) 分散データベース / Distributed databases  
キーワード(5)(和/英) IoT / IoT  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 榊原 優真 / Yuma Sakakibara / サカキバラ ユウマ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 幸平 / Kohei Nakamura / ナカムラ コウヘイ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松谷 宏紀 / Hiroki Matsutani / マツタニ ヒロキ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学/科学技術振興機構さきがけ/国立情報学研究所 (略称: 慶大/JST/NII)
Keio University/PRESTO,Japan Science and Technorogy Agency/National Institute of Informatics (略称: Keio Univ./PRESTO/NII)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-25 14:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2016-99,IEICE-CPSY2016-135,IEICE-RECONF2016-80 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.415(VLD), no.416(CPSY), no.417(RECONF) 
ページ範囲 pp.203-208 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2017-01-16,IEICE-CPSY-2017-01-16,IEICE-RECONF-2017-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会