お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-24 14:20
消費エネルギーを分配した領域毎に立上げ可能なプロセッサの検討
金子博昭金杉昭徳東京電機大VLD2016-87 CPSY2016-123 RECONF2016-68
抄録 (和) IoT化の中核技術の一つであるセンサネットワークなどは,搭載するプロセッサの消費エネルギーの特質に変化を求めつつある.電源投入からプラットフォームとして運用開始から終了に至るまでのすべての状態において,消費エネルギーが許容消費エネルギー以下で動作するよう要求される.本報告ではプロセッサの運用開始に先立った立上げ時にこの要求に従うために,複数に分割した内部領域にそれぞれが立上げに必要な消費エネルギーを予測登録しておき,変化する許容消費エネルギーを各領域に分配して順次立ち上げるプロセッサを提案する. 
(英) Such sensor network applicatio, which is one of core technologies in IoT, are requesting a change for consuming energy of processors installed as a platform. The requirement is processor operating with less consuming energy than permissible energy consumption in all states from the start to the end of operation after power-on. In this report, in order to follow the requirement prior to the start of operation for processor start up, we propose processors which are internally divided into modules registering predicted energy consumption to start up each module, distribute varying permissible energy consumption to those modules, and sequentially start up.
キーワード (和) プロセッサ / 消費エネルギー / 許容消費エネルギー / 立上げ / 電源投入 / リセット / /  
(英) Processor / Energy consumption / Permissible energy consumption / Startup / Power on / Reset / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 417, RECONF2016-68, pp. 115-120, 2017年1月.
資料番号 RECONF2016-68 
発行日 2017-01-16 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2016-87 CPSY2016-123 RECONF2016-68

研究会情報
研究会 CPSY RECONF VLD IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2017-01-23 - 2017-01-25 
開催地(和) 慶大日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio Univ. 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RECONF 
会議コード 2017-01-CPSY-RECONF-VLD-SLDM-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 消費エネルギーを分配した領域毎に立上げ可能なプロセッサの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Processor Enabling to Start-Up Internal Modules Distributed Energy Consumption 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) プロセッサ / Processor  
キーワード(2)(和/英) 消費エネルギー / Energy consumption  
キーワード(3)(和/英) 許容消費エネルギー / Permissible energy consumption  
キーワード(4)(和/英) 立上げ / Startup  
キーワード(5)(和/英) 電源投入 / Power on  
キーワード(6)(和/英) リセット / Reset  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金子 博昭 / Hiroaki Kaneko / カネコ ヒロアキ
第1著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 金杉 昭徳 / Akinori Kanasugi /
第2著者 所属(和/英) 東京電機大学 (略称: 東京電機大)
Tokyo Denki University (略称: Tokyo Denki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-24 14:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RECONF 
資料番号 IEICE-VLD2016-87,IEICE-CPSY2016-123,IEICE-RECONF2016-68 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.415(VLD), no.416(CPSY), no.417(RECONF) 
ページ範囲 pp.115-120 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2017-01-16,IEICE-CPSY-2017-01-16,IEICE-RECONF-2017-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会