電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-23 13:20
UMLに基づく概念モデリングにおける状態遷移図に対するモデル記法チェック機能の効果
但馬将貴香山瑞恵小形真平橋本昌巳信州大
抄録 (和) 本研究の目的は,UMLに基づく概念モデリング教育を支援する環境の拡充である.ここでは,学習者が日常にある物事の動作を状態遷移図でモデリングすることを対象とする.本稿では,初学者による状態遷移図でのモデリングに際して,モデル記法の誤りを整理し,その整理に基づいてモデル記法をチェックする機能を導入した.この機能で検出された学習者の誤りの定量的推移について考察し,機能の効果を検証する. 
(英) The purpose of this study is to explore the suitable learning environment for conceptual modeling with UML. Our students are required to create conceptual behavioral models of well-known phenomenon in everyday life with state transition diagrams. In this paper, we propose the learning tool for detecting the grammatical errors in conceptual models made by beginners. The common error patterns made by beginners are shown, then the effectiveness of our tool are considered based on the quantitative analysis of the users' error logs.
キーワード (和) UML / モデリング教育 / 状態遷移図 / モデル記法チェック / / / /  
(英) UML / modeling education / state transition diagram / model notation check / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 418, KBSE2016-32, pp. 7-12, 2017年1月.
資料番号 KBSE2016-32 
発行日 2017-01-16 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2017-01-23 - 2017-01-24 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2017-01-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) UMLに基づく概念モデリングにおける状態遷移図に対するモデル記法チェック機能の効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Consideration of the effectiveness for error detection function about conceptual modeling education with state machine diagram made by beginners 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) UML / UML  
キーワード(2)(和/英) モデリング教育 / modeling education  
キーワード(3)(和/英) 状態遷移図 / state transition diagram  
キーワード(4)(和/英) モデル記法チェック / model notation check  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 但馬 将貴 / Masaki Tajima / タジマ マサキ
第1著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 香山 瑞恵 / Mizue Kayama / カヤマ ミズエ
第2著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小形 真平 / Shinpei Ogata / オガタ シンペイ
第3著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 昌巳 / Masami Hashimoto / ハシモト マサミ
第4著者 所属(和/英) 信州大学 (略称: 信州大)
Shinshu University (略称: Shinshu Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-23 13:20:00 
発表時間 45 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2016-32 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2017-01-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会