お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 10:25
阻止域が$L_p$ノルム最小化に基づく帯域通過最大平たんFIR分数階微分器
國井良介吉田 嵩相川直幸東京理科大IT2016-92 SIP2016-130 RCS2016-282
抄録 (和) 本報告では,阻止域が$L_p$ノルム最小化に基づく帯域通過最大平たんFIR分数階微分器の設計法を提案する.
分数階微分器は,ディジタル信号処理システムの1つであり,入力信号の分数階微分を出力する.
提案する分数階微分器の伝達関数は,平たんな通過域を有する関数と伝達関数全体が阻止域で$L_p$ノルム最小化による特性を持つように補正する関数の2つから構成されている.
提案する分数階微分器は,通過域において振幅特性と位相特性が平たんであるため,入力信号をひずみなく微分できる.
また,$L_p$ノルム最小化に基づく阻止域設計は,遮断特性の急峻さとリプルの大きさとの関係を柔軟に調整することを可能にする.
その関数の最適化のためニュートン法を用いる. 
(英) In this paper, we propose a design method for a band-pass maximally flat FIR fractional order differentiators (FODs) with stopbands obtained by minimizing the $L_p$ norm in the stopband.
FODs are digital signal processing systems for calculating the time/space fractional order derivative of an input signal.
The proposed transfer function is composed of two functions, one with flat characteristics in the passband and one that ensures the transfer function has $L_p$ approximated characteristics in the stopband.
The proposed FODs can differentiate the input signal without distortion in the passband because of flat magnitude and group delay responses.
The characteristics of stopbands designed by minimizing the $L_p$ norm can be used to control the relationship between the steepness in the transition band and the ripple scale.
In the optimization of the function, Newton's method is employed.
キーワード (和) 分数階微分器 / 最大平たん / $L_p$ノルム / / / / /  
(英) Fractional order differentiator / maximally flat / $L_p$ norm / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 395, SIP2016-130, pp. 267-271, 2017年1月.
資料番号 SIP2016-130 
発行日 2017-01-12 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2016-92 SIP2016-130 RCS2016-282

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 大阪市立大学(杉本キャンパス) 
開催地(英) Osaka City Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SIP 
会議コード 2017-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 阻止域が$L_p$ノルム最小化に基づく帯域通過最大平たんFIR分数階微分器 
サブタイトル(和)
タイトル(英) Band-pass Maximally Flat FIR Fractional Order Differentiators with Stopband Based on Minimization of $L_p$ Norm 
サブタイトル(英)
キーワード(1)(和/英) 分数階微分器 / Fractional order differentiator  
キーワード(2)(和/英) 最大平たん / maximally flat  
キーワード(3)(和/英) $L_p$ノルム / $L_p$ norm  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 國井 良介 / Ryosuke Kunii / クニイ リョウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 嵩 / Takashi Yoshida / ヨシダ タカシ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 相川 直幸 / Naoyuki Aikawa / アイカワ ナオユキ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SIP 
資料番号 IEICE-IT2016-92,IEICE-SIP2016-130,IEICE-RCS2016-282 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.267-271 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2017-01-12,IEICE-SIP-2017-01-12,IEICE-RCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会