電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 10:50
Throughput Measurement Configuration of 2-by-2 LCX-MIMO System over Real Indoor Environment
Hao ZhangZeyu ZhuYafei HouNAIST)・Satoshi TsukamotoATR)・Takeshi HigashinoMinoru OkadaNAIST)・Tomoaki KumagaiATRIT2016-84 SIP2016-122 RCS2016-274
抄録 (和) Leaky coaxial (LCX) cable is utilized in wireless communication systems as an antenna especially for long and narrow areas called as linear-cell environments. Although general usage of LCX cable is treated as one antenna, we have proposed a 2-by-2 multiple-input multiple-output (MIMO) system using single LCX cable as two antennas by feeding signals in both ends of LCX cable. However, until now, all research results were measured and compared in an anechoic chamber where reflection paths did not exist. This paper reports a throughput measurement configuration of the proposed 2-by-2 LCX-MIMO system under 5GHz band in an indoor linear-cell environment. The measurement results are expected to demonstrate that our proposed system will double system throughput compared with that of system using LCX cables as conventional way. The experiments are also designed to confirm that our proposal will achieve the stable MIMO throughput in the radiation coverage of LCX cable just using one single LCX cable over a real environment. 
(英) Leaky coaxial (LCX) cable is utilized in wireless communication systems as an antenna especially for long and narrow areas called as linear-cell environments. Although general usage of LCX cable is treated as one antenna, we have proposed a 2-by-2 multiple-input multiple-output (MIMO) system using single LCX cable as two antennas by feeding signals in both ends of LCX cable. However, until now, all research results were measured and compared in an anechoic chamber where reflection paths did not exist. This paper reports a throughput measurement configuration of the proposed 2-by-2 LCX-MIMO system under 5GHz band in an indoor linear-cell environment. The measurement results are expected to demonstrate that our proposed system will double system throughput compared with that of system using LCX cables as conventional way. The experiments are also designed to confirm that our proposal will achieve the stable MIMO throughput in the radiation coverage of LCX cable just using one single LCX cable over a real environment.
キーワード (和) Throughput measurement / LCX-MIMO / MIMO system / Indoor linear-cell environment / / / /  
(英) Throughput measurement / LCX-MIMO / MIMO system / Indoor linear-cell environment / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 396, RCS2016-274, pp. 223-226, 2017年1月.
資料番号 RCS2016-274 
発行日 2017-01-12 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2016-84 SIP2016-122 RCS2016-274

研究会情報
研究会 IT SIP RCS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 大阪市立大学(杉本キャンパス) 
開催地(英) Osaka City Univ. 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2017-01-IT-SIP-RCS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Throughput Measurement Configuration of 2-by-2 LCX-MIMO System over Real Indoor Environment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Throughput measurement / Throughput measurement  
キーワード(2)(和/英) LCX-MIMO / LCX-MIMO  
キーワード(3)(和/英) MIMO system / MIMO system  
キーワード(4)(和/英) Indoor linear-cell environment / Indoor linear-cell environment  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) Hao Zhang / Hao Zhang /
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Zeyu Zhu / Zeyu Zhu /
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Yafei Hou / Yafei Hou /
第3著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Satoshi Tsukamoto / Satoshi Tsukamoto /
第4著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Wave Engineering Laboratory, ATR International (略称: ATR)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) Takeshi Higashino / Takeshi Higashino /
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) Minoru Okada / Minoru Okada /
第6著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) Tomoaki Kumagai / Tomoaki Kumagai /
第7著者 所属(和/英) 国際電気通信基礎技術研究所 (略称: ATR)
Wave Engineering Laboratory, ATR International (略称: ATR)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-IT2016-84,IEICE-SIP2016-122,IEICE-RCS2016-274 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.223-226 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-IT-2017-01-12,IEICE-SIP-2017-01-12,IEICE-RCS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会