お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 09:25
IEEE802.11adにおけるFast Initial Link Setup(FILS)の適用効果
櫛田裕樹静岡大)・真野 浩コーデンテクノインフォ)・高井峰生スペースタイムエンジニアリング)・石原 進静岡大ASN2016-81
抄録 (和) ミリ波を用いる無線LAN標準規格であるIEEE802.11adは,
広い周波数帯域を利用することで高速かつ大容量の通信が可能である.
しかしながら,
ミリ波は伝搬損失が大きく伝送距離が短いため指向性アンテナを用いる必要がありセルサイズが小さくなる.
そのため,移動しながらの利用には単一セルの滞在時間が短くなるため適さない.
そこで,
IEEE802.11aiとして標準化されているFILS(Fast Initial Link Setup)を用いる.
FILSは初期接続の高速化,効率化を目的とする機能で,
初期接続に必要なフレーム数を大幅に削減することが可能である.
FILSを用いることで初期接続時間の短縮化を図り,
セル滞在中のデータ通信時間をできるだけ長く確保する.
本稿では,
FILSと従来型の無線LAN認証方式WPA2エンタープライズに関してIEEE802.11adにおける初期接続処理に関する
シミュレーションによりFILSの効果を調べた.
この結果,FILSを用いることで初期接続時間を短縮させつつ,
複数の端末が同時に初期接続を行うことに起因する初期接続失敗の確率を減少させられることを
確認した. 
(英) IEEE802.11ad is a standard specification for millimeter-wave wireless networks.
It enables high speed and large capacity wireless networks by using wide frequency band at 60GHz.
However, the cell size is smaller than one of the conventional wireless lan systems that use 2.4 and 5GHz band because millimeter-wave has short communicaiton range result from high propagation loss.
For the reason, using millimeter-wave wireless LAN while moving is not suitable.
FILS(Fast Initial Link Setup), which has been standardized at IEEE802.11ai can shorten initial link set up time for obtaining a longer time of data communication.
In this paper, we conducted simulations of the initial link set up procedure of FILS and WPA2 enterprise in IEEE802.11ad networks.
The simulation results show that FILS can drastically shorten the initial link set up time and reduce the failue ratio of initial link set up caused by simultaneous starts of initial link set up by many users.
キーワード (和) ミリ波 / 無線LAN / ハンドオーバ / FILS / / / /  
(英) millimeter-wave / wirelessLAN / handover / FILS / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 407, ASN2016-81, pp. 59-64, 2017年1月.
資料番号 ASN2016-81 
発行日 2017-01-12 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2016-81

研究会情報
研究会 ASN MoNA MICT  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 別府 花菱ホテル 
開催地(英)  
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展示および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2017-01-ASN-MoNA-MICT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IEEE802.11adにおけるFast Initial Link Setup(FILS)の適用効果 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On the effectiveness of FILS with IEEE802.11ad wireless networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波 / millimeter-wave  
キーワード(2)(和/英) 無線LAN / wirelessLAN  
キーワード(3)(和/英) ハンドオーバ / handover  
キーワード(4)(和/英) FILS / FILS  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 櫛田 裕樹 / Hiroki Kushida / クシダ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 真野 浩 / Hiroshi Mano / マノ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) コーデンテクノインフォ株式会社 (略称: コーデンテクノインフォ)
KODEN TECHNO&INFO (略称: KODEN TECHNO&INFO)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高井 峰生 / Mineo Takai / タカイ ミネオ
第3著者 所属(和/英) スペースタイムエンジニアリング (略称: スペースタイムエンジニアリング)
Space-Time Engineering(LLC) (略称: STE)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 石原 進 / Susumu Ishihara / イシハラ ススム
第4著者 所属(和/英) 静岡大学 (略称: 静岡大)
Shizuoka University (略称: Shizuoka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 09:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2016-81 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.59-64 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ASN-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会