お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 11:10
ホワイトリスト自動生成手法における運用性と性能の改善策の検討
後藤真一郎三浦大樹鎌田哲彰藤浦豊徳野瀬昌禎NTTICM2016-51 LOIS2016-60
抄録 (和) 我々はこれまで,正規表現を用いたホワイトリストにより,運用者が確認すべきログを削減する手法を提案し,実証実験により有効性を確認している.ITシステムは今後,分散化,大規模化が進み,出力されるログ量は膨大になる.そのため,本手法の処理能力をより向上させる必要がある.本稿では,本手法のボトルネックとなっているログマッチング処理の高速化方式として,複数の正規表現を一つの正規表現に再構成することでルール数を減らす方式,ルールの対応範囲を限定することでルール数を減らす方式,ルールの並び順を変える方式の3種類を提案する.このうちルールの並び順を変える方式について,実データによる検証を行い,ルールの並び順よりもログ出力状況の方が,マッチング処理速度に大きな影響を与えることを明らかにした. 
(英) We have proposed a log filtering method using whitelists with numeric character regular expression, and validated it through a demonstration experiment. In the future, highly large-scale and distributed IT systems will generate more enormous log messages than the traditional systems. This paper discusses mainly three improvements on the performance for dealing with extremely large volumes of logs faster, such as recompiling multiple regular expressions, limiting the range of rule matching, and sorting the whitelists. An examination shows that patterns of outputting logs affect the processing time more significantly than the order of whitelists.
キーワード (和) 運用 / 監視 / ログ監視 / ホワイトリスト / 正規表現 / GUI / /  
(英) System Operation / Monitoring / Log Monitoring / Whitelist / Regular Expression / GUI / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 404, ICM2016-51, pp. 69-74, 2017年1月.
資料番号 ICM2016-51 
発行日 2017-01-12 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2016-51 LOIS2016-60

研究会情報
研究会 ICM LOIS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 長崎商工会議所 
開催地(英) The Nagasaki Chamber of Commerce & Industry 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, Business Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2017-01-ICM-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ホワイトリスト自動生成手法における運用性と性能の改善策の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Improving the Operationality and the Performance of the Whitelist Generator 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 運用 / System Operation  
キーワード(2)(和/英) 監視 / Monitoring  
キーワード(3)(和/英) ログ監視 / Log Monitoring  
キーワード(4)(和/英) ホワイトリスト / Whitelist  
キーワード(5)(和/英) 正規表現 / Regular Expression  
キーワード(6)(和/英) GUI / GUI  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 真一郎 / Shinichiro Goto / ゴトウ シンイチロウ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 大樹 / Hiroki Miura / ミウラ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌田 哲彰 / Tetsuaki Kamata / カマタ テツアキ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤浦 豊徳 / Toyonori Fujiura / フジウラ トヨノリ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 野瀬 昌禎 / Masayoshi Nose / ノセ マサヨシ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 11:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2016-51,IEICE-LOIS2016-60 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.404(ICM), no.405(LOIS) 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICM-2017-01-12,IEICE-LOIS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会