電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2017-01-20 09:45
超多チャネルIPブロードキャスト配信に向けた冗長構成の検討
藤原稔久笠原康信結城直彦清水秀和須川智規NTT
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 次世代の放送として4K/8Kなどの超高精細映像配信サービスに向けた取り組みが本格化し,その普及に向けては有線ネットワークが担う役割が重要である.また,既存の放送メディアでは伝送できない多チャネルの4K/8Kのコンテンツを多数の端末に効率よく一斉配信する手法として有線でのIPブロードキャストによる伝送が検討されている.
本稿では,複数コンテンツプロバイダ(CP)収容を実現する超多チャネルIPブロードキャスト配信のためにCP多重化装置間に渡り回線を設ける冗長構成を提案し,さらに提案構成の多重化装置間のトラヒックの切り替え方式についてJoin方式とStatic方式による切り替え時間を比較する.従来構成をそのまま複数CP収容に適用した冗長構成は,CP数の増加に伴い大きく不稼働率が上昇するが,提案構成は,従来構成と同等以下の不稼働率を実現することを示す.さらに,提案構成のトラヒック切り替え時間は,Static方式による1000チャネル切り換えが,Join方式に比べ約3.9倍高速であることを示す. 
(英) Recently, ultra-high definition video delivery service such as 4K/8K resolution is well underway for the next generation broadcasting, and the wired network role for its popularization is now becoming more important. IP broadcasting scheme for multi-channel 4K/8K content delivery by wired network have been studied.
In this paper, we propose a redundant configuration of a link between the multiplexer for super multi-channel IP broadcasting network for multi-content providers (CPs), and compare the switching period between Join method and Static method for the traffic switching. The proposed configuration indicates the unavailability is less than that of the existing system for a single CP, while the unavailability of the configuration in which the existing configuration is applied to multi-CPs is worsen by the increase of the CPs. The Static method archives about 3.9 times faster than the Join method at the switching period for 1000 channels.
キーワード (和) IPブロードキャスト / 多チャネル / 映像配信 / 冗長構成 / 切り替え時間 / / /  
(英) IP broadcast / Multi-channel / Video Content Delivery / Redundant Configuration / Switching Period / / /  
文献情報 信学技報, vol. 116, no. 401, CS2016-72, pp. 47-51, 2017年1月.
資料番号 CS2016-72 
発行日 2017-01-12 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 OCS CS  
開催期間 2017-01-19 - 2017-01-20 
開催地(和) 九州産業大学 
開催地(英) Kyushu Sangyo University 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網(OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2017-01-OCS-CS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 超多チャネルIPブロードキャスト配信に向けた冗長構成の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on the Redundant Configuration for Super Multi-channel IP Broadcast Content Delivery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IPブロードキャスト / IP broadcast  
キーワード(2)(和/英) 多チャネル / Multi-channel  
キーワード(3)(和/英) 映像配信 / Video Content Delivery  
キーワード(4)(和/英) 冗長構成 / Redundant Configuration  
キーワード(5)(和/英) 切り替え時間 / Switching Period  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤原 稔久 / Toshihito Fujiwara / フジワラ トシヒト
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠原 康信 / Yasunobu Kasahara / カサハラ ヤスノブ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 結城 直彦 / Naohiki Yuki / ユウキ ナオヒコ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 秀和 / Hidekazu Shimizu / シミズ ヒデカズ
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 須川 智規 / Tomoki Sugawa / スガワ トモキ
第5著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT (略称: NTT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2017-01-20 09:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2016-72 
巻番号(vol) IEICE-116 
号番号(no) no.401 
ページ範囲 pp.47-51 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-CS-2017-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会